鯉のぼりを高度30000メートルまで揚げた動画が凄すぎる! 成層圏突入

ガジェット通信 / 2014年5月12日 16時30分

鯉のぼりが高度30000メートルまで

「屋根よーりたーかーい♪」とよく言われる鯉のぼり。そんな鯉のぼりを高度30000メートルまで揚げてしまおうという壮大な企画。実際にそんな高さまで揚げることは可能なのだろうか?

鯉のぼりにヘリウム風船を付けて空に放つ。それだけでなく鯉のぼりを監視するカメラも内蔵。落下時の衝撃を吸収するために発泡スチロールで包まれた『GoPro』。

ヘリウム風船につながれた鯉のぼりはあれよあれよという間に成層圏まで登っていき、風がなびかなくエリアに突入。どうやら無重力エリアに到達したようだ。あとは風船が割れて落下してくるのを待つだけ。

しかし揚げた場所と落下位置が同じとは限らない。下手すれば1000km以上も誤差がでるということで、GPSで追跡し落下した場所を特定。さすがに途中で鯉のぼり全部は生還しなかったが、お母さん鯉のぼりだけは無事にくっついたまま戻ってきたようだ。

広大な北海道だからこそできた今回の企画。動画は『ニコニコ動画』と『YouTube』に公開されており、また詳細が『fabcross』にも書かれている。ノーカット版と編集版の動画があり、ノーカット版は2時間近くあるぞ。

30000メートルまで行った鯉のぼりも凄いけど無事に戻ってきた『GoPro』も凄い。成層圏まで行った鯉のぼりって世界初?

【ニコニコ動画】【動画あり】子どもの日なので高度30000mまで鯉のぼりを揚げてみた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23483409

子どもの日なので高度30000mまで鯉のぼりを揚げてみた

https://fabcross.jp/category/make/20140505_koinobori_01.html

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング