Fリーグ第9節 北海道vs大分 試合後の北海道・小野寺監督&高山コメント

ゲキサカ / 2014年8月16日 18時33分

Fリーグ第9節 北海道vs大分 試合後の北海道・小野寺監督&高山コメント

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 北海道3-4大分 駒沢]

 Fリーグは16日に第9節を駒沢体育館で行い、エスポラーダ北海道とバサジィ大分が対戦した。前半に3点を挙げた北海道だったが、後半に大分の猛攻に遭い4失点を喫して逆転負け。北海道は無敗が7でストップ。一方、大分は連敗を2で止めた。試合後、会見に臨んだ北海道の小野寺隆彦監督は「天国と地獄のような試合だった」と試合を振り返り、キャプテンのFP高山剛寛は「僕がもっとチームを盛り上げれば違ったかなと、悔しい思いでいっぱいです」と、唇を噛んだ。

 以下、試合後の北海道・小野寺監督、高山主将コメント

●小野寺隆彦監督
「非常に前半の入りは良い流れで、得点もできてという、本当にチームにとって素晴らしい出来だったと思います。後半、なかなかチャンスをモノにできず、1点取られ、2点取られ、ジワジワ相手の流れになってしまったなと思います。やっぱり、あそこのタイミングで、うちがもう一つ点を取っていたら、おそらくこのゲームは違う形になっていたかなと思いますが、残念ながらうちのチームの精度が低く、後半は点数が取れなかったこともあり、このような結果になったと思いますし、これが上位を戦う上での1点を争うゲームなのかなと思っています。非常に悔しくて、選手にも喝を入れましたけど『こういうゲームをしていては、上位に留まれない』と。こういう試合が続かないように、連敗しないように。長いリーグ戦の中で、『良い薬になったね』と言えるゲームになれるように、もう一度、気持ちを入れ直して、次回のホームゲームに臨みたいと思います」

―前半3-0、後半に向けての指示?
「前半のハーフタイムでは、私たちも2節前の話ですが、府中に1-4で負けていて、後半同点に追いついたホームゲームの試合がありました。だから『その逆のパターンは十分ある。次の1点がどっちに入るかによって、流れが変わる。2点差になってしまうと分からないのがフットサル』という話をしました。あと『1点取られても落ち着いてゲームを進めよう』とも話しました。かなり10分くらいまでは、我慢してそういうゲームできたと思いますが、1点取られて動揺したのか、その取られ方も悪かったと思います」

―後半、パワープレーまでの時間帯は?
「パワープレーまではギリギリまで1点さだったので、流れのまま行こうかなと思いました。ただ、最後は同点を目指してパワープレーをしました。もちろん1点が入れば、10秒、15秒で点が入るのがフットサルなので。そこを目指したのですが、残念ながら、そこに辿り着かなかった。勝っているうちにパワープレーをするという選択肢はなかったので、何とか跳ね返してほしかったなという気持ちです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング