昨季王者のマンCがニューカッスルを撃破し、白星発進

ゲキサカ / 2014年8月18日 2時25分

昨季王者のマンCがニューカッスルを撃破し、白星発進

[8.17 プレミアリーグ第1節 ニューカッスル0-2マンチェスター・C]

 プレミアリーグは17日、2014-15シーズンの開幕節2日目を行い、昨シーズン王者のマンチェスター・シティはアウェーでニューカッスルと対戦し、2-0で勝利した。

 一進一退の攻防が続く中、スコアボードを動かしたのは昨季の王者だった。前半38分、MFヤヤ・トゥレのロングボールをFWエディン・ジェコが受け、PA内で1タッチのヒールパスを送る。そこに走り込んだMFダビド・シルバが左足でGKティム・クルルの股下を射抜き、先制点を挙げる。

 後半に入ると、ホームのニューカッスルが攻めたてる。後半6分にはMFレミ・カベラとMFムサ・シッソコがパス交換を見せ、PA内でリターンパスを受けたカベラがフィニッシュに持ち込むが、ゴール前で体を張るシティの守りに阻まれる。

 一方のシティは、後半20分に新加入のMFフェルナンドが高い位置でボールを奪い返し、ショートカウンターに出る。ヤヤ・トゥレからのパスを受けたFWステファン・ヨベティッチがクロスを上げ、ジェコがヘッドでゴールを狙ったが、わずかにクロスバーを越えた。

 試合終盤には再びニューカッスルがチャンスをつくり、カベラのパスを受けたFWアジョセ・ペレスがシュート。しかし、これもフェルナンドのスライディングに阻まれて、ゴールを挙げられない。

 その後も何度かあったニューカッスルの好機を凌ぐと、後半のアディショナルタイムにシティが試合を決定づける。中盤からのパスを受けたFWセルヒオ・アグエロが、PA内までボールを運び、DFファビオ・コロッチーニを振り切ってシュート。一度はGKクルルに阻まれたが、こぼれ球をゴールに蹴り込み、勝利を決定づけた。このまま試合は2-0で終了し、昨シーズン王者のシティが新シーズンのスタートを白星で飾っている。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング