熊本が後半2発で富山を下す、移籍後初得点のFW巻「感謝の気持ちでいっぱい」

ゲキサカ / 2014年8月24日 20時38分

[8.24 J2第28節 富山0-2熊本 富山]

 J2は24日、第28節を各地で行い、富山県総合運動公園陸上競技場では最下位と苦しむカターレ富山が19位のロアッソ熊本をホームに迎えた。スコアレスで折り返した試合は、後半に2点を奪った熊本が富山の反撃を許さずに2-0の完封勝利を収めた。

 7戦白星なしと厳しい戦いが続く富山は、前半4分にU-21日本代表FW中島翔哉がミドルレンジからファーストシュートを積極的に狙ったが枠を捉えることができず。対する熊本も直後にMF高柳一誠がミドルシュートを放つも枠外に。その後は両チームともに相手チームの守備に苦しみ、なかなかシュートまで持ち込めない展開が続き、スコアレスのまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 ともに決定機らしい決定機を作れなかった前半となったが、後半開始早々に熊本がスコアを動かす。後半8分、ゴール前の混戦からFW齊藤和樹の落としを受けたMF養父雄仁が右足を一閃。鮮やかな軌道を描いたシュートがネットを揺らし、熊本が先制に成功した。

 さらに熊本に追い風が吹く。後半29分にPA内でDF秋本倫孝のファウルを誘ってPKを獲得すると、このプレーで秋本が一発退場となり数的優位に立った。大事な局面で迎えたPKを、FW巻誠一郎が落ち着いて蹴り込んでリードを2点に広げる。今季から熊本に加入した巻にとって、うれしい移籍後初ゴールとなった。

 その後、2-0のままスコアは動かずに逃げ切った熊本が5試合ぶりの白星を獲得。一方の富山は浮上のきっかけをつかめないまま8戦未勝利となっている。

 移籍後初得点を決めた巻は「サポーターの皆さんやチームメイトが待ってくれていたゴールをなかなか決められませんでした。PKという自分の形ではありませんでしたが、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

▼関連リンク
[J2]第28節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング