果敢な攻撃参加見せた鹿島DF西、決定機逃し「決めないとダメ」

ゲキサカ / 2014年10月5日 22時58分

果敢な攻撃参加見せた鹿島DF西、決定機逃し「決めないとダメ」

[10.5 J1第27節 鹿島2-3G大阪 カシマ]

 約3年4か月ぶりに日本代表に選出された鹿島アントラーズのDF西大伍がハビエル・アギーレ監督の視察する前で持ち前の攻撃力をアピールした。

 前半43分、DF青木剛の縦パスから右サイドのスペースに飛び出し、ドリブルでPA内に切れ込むと、うまくDF岩下敬輔と体を入れ替え、フィニッシュに持ち込んだ。シュートはGKの好セーブに阻まれたが、1-1の後半20分にはオーバーラップした西が起点となり、MF遠藤康、MF柴崎岳と小気味よくパスがつながり、MF土居聖真の勝ち越しゴールが生まれた。

「いい奪い方をして、みんながあそこでスピードアップする意識が同時になった。いい攻撃だったと思う」。流れるようなパスワークからのゴールを自画自賛したが、自分自身のシュート2本は得点につながらず、「一つは決めないとダメかな」と反省した。

 守備では3失点。後半アディショナルタイムに決められた決勝点の場面ではFWリンスに対応しながら振り切られた。2-3の逆転負けに「ホームだし、僕らは勝たないとダメ。3点目を狙ったけど、逆にやられてしまった」と唇をかんだ。

 明日6日からは日本代表合宿に合流する。「いつもどおりチームでやっているプレーができたら自分の良さも出ると思う」。A代表デビューを果たした2011年6月1日のキリン杯・ペルー戦以来の代表戦出場なるか。10日のジャマイカ戦の舞台はペルー戦と同じデンカビッグスワンスタジアム。2010年に1シーズン、プレーした新潟の本拠地でもある。

「選ばれている以上はチームを勝たせることが一番。試合に出ても、出られなくても、チームが勝つために自分ができることをやるだけ」。DF内田篤人、DF酒井宏樹というザックジャパン時代の右SBの主力2人が不在の中、27歳の西が一気に代表定着を目指す。

(取材・文 西山紘平)
▼関連リンク
[J1]第27節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング