甲府ゴールをこじ開けられずドローの浦和…公式戦1000試合目を白星で飾れず

ゲキサカ / 2014年10月22日 20時55分

[10.22 J1第29節 浦和0-0甲府 埼玉]

 J1は22日、第29節を各地で行い、埼玉スタジアムではここ3戦1勝2敗と黒星が先行しながらも首位を守る浦和レッズがここ3戦2分1敗と白星のない15位ヴァンフォーレ甲府をホームに迎えた。スコアレスで折り返した試合は、後半もスコアは動かずに0-0の引き分けに終わった。

 序盤から好機を作ったのは、この試合が公式戦通算1000試合目となる浦和だった。前半3分にゴール前で得たFKのチャンスでMF柏木陽介が直接狙ったが、GK荻晃太のセーブに遭ってネットを揺らすには至らない。さらに、そのプレーで得たCKでは柏木が蹴り出したボールをDF那須大亮がヘディングで合わせるも、ボールは枠上へと外れた。

 その後もボールを保持する浦和だが、5バックとして守備に重心を置く甲府を相手になかなかシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。対する甲府はMFジウシーニョが時おり右サイドを切り裂き、前半20分にはミドルレンジからゴールを狙ったがGK西川周作の正面に飛んでしまう。

 前半28分にはFW興梠慎三のスルーパスから抜け出したFW李忠成が決定機を迎えたが、荻の好セーブに阻まれるなど、浦和は主導権を握りながらも甲府ゴールをこじ開けることができず。甲府はFWキリノが負傷するアクシデントに見舞われ、同36分にFW盛田剛平を投入。両チームともに攻め手を欠き、スコアは動かないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 後半に入ると、前半なかなかチャンスを作れなかった甲府が敵陣深くまでボールを運ぶ場面を増やしていく。後半9分には、左サイドを突破したFW阿部拓馬がシュートまで持ち込むが、ボールはゴール前を横断して先制点とはならず。浦和も同10分に李のパスを受けた興梠がシュートを放ったものの、これも枠を捉えることができなかった。

 甲府ゴールをこじ開けたい浦和は、後半17分にMF鈴木啓太に代えてMF青木拓矢を投入して流れを変えようと試みる。すると、同18分に柏木のFKから那須がヘディングシュートを放つも、荻に弾き出されてしまう。同21分にはDF槙野智章の強烈なミドルシュートがゴールポストに阻まれ、さらに後半31分には途中出場のMF関口訓充のクロスから興梠がヘッドで狙うも、またもや荻のセーブに遭ってスコアを動かせない。

 集中力を切らさない守備で浦和に得点を許さなかった甲府も、時おりカウンターからゴールを狙い、後半アディショナルタイムにはFWクリスティアーノがシュートまで持ち込むがネットを揺らせなかった。両チームに最後まで得点は生まれず、試合はスコアレスドローに終わった。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J1]第29節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング