[CL]ベンゼマの4戦連発弾でリバプールに勝利のR・マドリーが18大会連続の決勝T進出

ゲキサカ / 2014年11月6日 6時50分

[CL]ベンゼマの4戦連発弾でリバプールに勝利のR・マドリーが18大会連続の決勝T進出

[11.4 欧州CLグループリーグ第4節 R・マドリー 1-0 リバプール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は4日、各地でグループリーグ第4節1日目を行い、グループBの首位に立つレアル・マドリー(スペイン)は、ホームでリバプール(イングランド)と対戦。FWカリム・ベンゼマの4試合連続ゴールで先制したR・マドリーは、シュート数28対4とリバプールを圧倒して1-0で勝利した。4連勝を飾った前回王者は、18大会連続での決勝トーナメント進出を決めている。

 序盤からボールを保持するレアル・マドリーは、前半3分にいきなり決定機をつくる。MFイスコ、ベンゼマとボールをつなぎ、最後はMFハメス・ロドリゲス左足でゴールを狙ったが、GKシモン・ミニョレに阻まれる。同10分にもDFマルティン・シュクルテルのミスを突き、ベンゼマからボールをもらったC・ロナウドがゴールを狙ったが、再びミニョレのセーブに遭い、先制点は挙げられない。

 それでも前半27分、引いたリバプールの守備を崩す。細かなボール回しで左サイドにボールを運ぶと、攻撃参加したDFマルセロの折り返しをベンゼマがDFとGKの間で受けてダイレクトでシュート。これがゴールに突き刺さり、ホームのレアル・マドリーがベンゼマの欧州CL4試合連続の5得点目となるゴールで1点をリードした。

 攻め続けるレアル・マドリーは35分にも直接FKからC・ロナウドが強烈なシュートでリバプールゴールを脅かすが、GKミニョレに防がれる。結局、シュート数では13対0と圧倒したレアル・マドリーだが、最少得点のまま前半を折り返す。

 後半もレアル・マドリーのペースは変わらない。4分にはMFルカ・モドリッチの縦パスがベンゼマに入り、横パスを受けたC・ロナウドがフィニッシュしたが、GKミニョレにセーブされる。ミニョレの活躍が目立つリバプールは、ようやく後半13分、MFアダム・ララナが左足でチーム最初のシュートを放ったが、ゴール右に逸れて行った。

 後半17分にはMFガレス・ベイルが約1か月ぶりにピッチに戻ったレアル・マドリーは、24分にもマルセロの折り返しをベンゼマがシュートしたが、今度は右に逸れる。直後にはリバプールも、ベンチに温存していたMFラヒーム・スターリングとMFスティーブン・ジェラードをピッチに送り出す。

 しかし25分、決定機をつくったのはレアル・マドリーだった。マルセロの折り返しをPA内でベイルが合わせたが、シュートはクロスバーを叩く。30分にリバプールは最後の交代枠でMFコウチーニョを起用する。レアル・マドリーも後半42分にベンゼマを下げて、FWハビエル・エルナンデスを投入する。結局、最後まで攻め続けたレアル・マドリーが1-0で勝利し、4試合連続勝利でグループステージ突破を決めている。
▼関連リンク
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング