佐藤寿人を警戒するG大阪GK東口「結構、怖い存在です」

ゲキサカ / 2014年11月7日 17時21分

佐藤寿人を警戒するG大阪GK東口「結構、怖い存在です」

 今シーズン開幕前、タイトル獲得を目指して新潟からガンバ大阪に加入したGK東口順昭。いよいよ、その目標にあと1勝というところまできた。

 どんなときも冷静沈着。そのプレーぶりから、強心臓なのかと思いきや、「メッチャ緊張します」と明かす。それでも、「(緊張)すればするほど、今までは調子が良かったので。全然、緊張してもいいかなと。緊張することに関して、悪いとは思わないです」と、大舞台を前に不安はないようだ。

 G大阪が2度目のタイトルを獲得するためには、サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人を止めなければならない。ナビスコ杯通算26ゴールを挙げている広島のエースを、東口も警戒し、コミュニケーションをとって封じたいと話す。

「中途半端なところにボールを浮かせないこと。隙を見せたら、一発があるので。それ(状況)は僕が一番見えているので、しっかり声を掛けて集中させていきたい。マーキングの指示もしっかり、はっきりとしていかないと、結構怖い存在です」

 今シーズン、G大阪は広島と2度のリーグ戦と天皇杯で対戦し、2勝1分。相性はいいが、「逆に相手はその分負けられへんし、修正ももちろんしてくるでしょう」と、守護神に油断はない。「毎回毎回、どっちに転ぶか分からない試合をしていると思います。特に決勝なんて、広島さんも結構、経験してきている選手もいるし、あまり(過去の結果は)アテにならないかなと思います」と、気を引き締めた。

(取材・文 河合拓)▼関連リンク
ナビスコ杯2014特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング