[CL]低迷チェルシーが4発快勝スタート! 今季公式戦2勝目でアーセナル戦へ弾み

ゲキサカ / 2015年9月17日 5時40分

[CL]低迷チェルシーが4発快勝スタート! 今季公式戦2勝目でアーセナル戦へ弾み

[9.16 欧州CLグループリーグ第1節 チェルシー 4-0 M・テルアビブ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は16日、グループリーグ第1節2日目を各地で行った。G組のチェルシー(イングランド)はホームでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦し、4-0で快勝した。なお、第2節は今月29日に行われる。

 今季プレミアリーグ5試合を終えて、すでに優勝した昨季に並ぶ3敗目を喫しているチェルシー。この試合では12日の第5節エバートン戦から6選手を入れ替え、DFアブドゥル・ラーマン・ババ、MFルベン・ロフタス・チークが今季初先発となった。また、DFガリー・ケーヒルがキャプテンマークを巻き、DFジョン・テリーやFWジエゴ・コスタらがベンチスタートとなった。

 この試合を機に復調といきたいチェルシーは前半5分に得点のチャンスを得る。FWロイク・レミーのスルーパスを受けたMFウィリアンが飛び出したGKプレドラグ・ライコビッチに倒されて、PKを獲得。これをMFエデン・アザールが蹴ったが大きく枠上に外してしまい、先制とはならなかった。

 それでも前半15分、ゴールから遠い位置でアザールが得たFKをウィリアンがゴール前に入れる。これにケーヒルが飛び込み、触ることはできなかったが、GKライコビッチの反応が一瞬遅れてそのままゴール右に吸い込まれていった。先制に成功したチェルシーだが、直後からウィリアンが足を引きずり、一時は治療から復帰してピッチに戻ったが同23分にD・コスタとの交代を余儀なくされた。

 追加点を狙うチェルシーはボールを支配するもM・テルアビブの守備を崩すことができず、逆に前半31分にはFKからFWエラン・ザハビにフリーでヘディングシュートを打たれる場面もあり、苦戦を強いられる。それでも同アディショナルタイム2分、MFオスカルのパスをPA左で受けたD・コスタが仕掛けて、DFタル・ベン・ハイムに倒され、この試合2度目のPKを獲得。これを今度はオスカルが冷静にGKの逆を突き、2-0で前半を折り返した。

 チェルシーは後半立ち上がりからM・テルアビブの反撃を受け、同10分にクロスからMFアビ・リカンに左足ボレーを打たれたがこれは枠を外れ、事なきを得た。すると、同13分にMFセスク・ファブレガスの浮き球パスをD・コスタが相手DFを背負いながら右足ボレー。これがゴール右上隅に突き刺さり、3-0とリードを広げた。

 攻撃の手を緩めないチェルシーは後半33分にカウンター発動。アザールがドリブルで攻め上がり、レミーの左足シュートはGKライコビッチに止められたが、こぼれ球に詰めていたセスクが右足で無人のゴールに流し込み、試合を決めた。4-0で勝利したチェルシーは今季公式戦2勝目を挙げ(2勝1分4敗)、3試合ぶりの白星。完封勝利で好スタートを切ったチェルシーは週末19日にリーグ戦でアーセナルと対戦する。
●プレミアリーグ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング