最下位京都が山形を下して9戦ぶり白星!!闘莉王は“天国と地獄”…

ゲキサカ / 2018年8月4日 20時6分

決勝点に絡んだ京都DF田中マルクス闘莉王

[8.4 J2第27節 京都1-0山形 西京極]

 最下位の京都サンガF.C.がホームで9位のモンテディオ山形を1-0で退けた。前半8分にFWレンゾ・ロペスが先制ゴールを記録。得点に絡んだDF田中マルクス闘莉王が終了間際に一発退場を強いられたが、京都は今季初の完封勝利を収め、リーグ戦9試合ぶりの白星を手にした。

 今季ワーストの4連敗、さらにホームでは8連敗中の京都。攻撃面でも直近4試合でわずか1得点と苦しい状況だったが、前半8分に幸先よく先制する。

 DF本多勇喜の左クロスをDF闘莉王が頭で落とし、PA手前中央のMFジュニーニョが右足でシュート。DF熊本雄太に当たったボールにレンゾ・ロペスが左足で合わせると、GK櫛引政敏に触られながらもゴールに転がり込む。レンゾ・ロペスの今季7得点目は、京都にとって5月6月に行われた第13節・山口戦(1-2)以来の本拠地でのゴールとなった。

 追いかける山形は好調のFW小林成豪を中心に人数をかけてゴールに迫り、ボールを失ってもすぐに奪い返して相手を押し込み続ける。しかし、耐えた京都が前半30分に決定機。右サイドのDF石櫃洋祐のロングスローを闘莉王がヘッドでそらし、ファーでボールを収めたレンゾ・ロペスが右足を豪快に振り抜く。だが、シュートはゴール右角を直撃して追加点は挙げられなかった。

 前半を1点リードで折り返した京都。後半4分にMF庄司悦大の左CKから混戦となり、最後は闘莉王が右足で押し込むが、惜しくもオフサイドの判定で得点は認められない。同11分にはジュニーニョが右足で強烈なシュート。しかし、GK櫛引がファインセーブを見せて2点目を許さなかった。

 山形は後半15分に名古屋から期限付き移籍したばかりのMF内田健太、同23分に切り札のMF汰木康也を投入する。さらに同35分には期限付き移籍での加入直後となるMF楠神順平をピッチへ送るも、ゴールが遠い。

 守る京都は後半アディショナルタイム4分に闘莉王がDF松本怜大への危険なタックルで一発退場となったが、10人で粘り強く逃げ切りに成功。ホームでの勝利は、3月17日に開催された第4節・岐阜戦(2-1)以来となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第27節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング