久保、郷家ら先発のU-19代表、ブラジルに追い付きドロー…田川が2戦連発!!

ゲキサカ / 2018年9月10日 17時55分

 メキシコ遠征中のU-19日本代表は9日、U-19ブラジル代表と国際親善試合を行い、1-1で引き分けた。同代表は今後、11日にU-20クラブ・アメリカと対戦する。

 日本サッカー協会(JFA)によると、ほぼベストメンバーを招集したブラジルを相手に序盤から劣勢を強いられた日本だが、GK谷晃生の好守などでしのぎ、得点を許さずに前半を折り返す。しかし、3人の選手を交代して状況を打開しようとした後半だったが、同7分にPA内でDF東俊希がファウルを取られてPKを献上すると、これをきっちり沈められてブラジルに先制を許してしまった。

 1点のビハインドを背負った日本だったが、ここから反撃に出ると後半15分に同点ゴールを叩き込む。DF瀬古歩夢のロングパスを受けたDF菅原由勢のスルーパスから抜け出したFW田川亨介がネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。田川にとって、7日のU-19メキシコ戦に続いての2試合連続ゴールとなった。その後は互いに勝ち越しゴールを狙ったものの、スコアは動かずに1-1のまま試合終了を迎えた。

■U-19日本 1-1(前半0-0)U-19ブラジル
<得点者>
52分:失点
60分:田川亨介

<スターティングメンバー>
GK:谷晃生
DF:菅原由勢、橋岡大樹、瀬古歩夢、荻原拓也
MF:郷家友太、伊藤洋輝、平川怜、滝裕太
FW:田川亨介、久保建英

<サブメンバー>
GK:大迫敬介、若原智哉
DF:川井歩、阿部海大、石尾崚雅、東俊希
MF:齊藤未月、堀研太、山田康太
FW:原大智、安藤瑞季、宮代大聖、斉藤光毅

<交代>
HT:平川怜→齊藤未月
HT:荻原拓也→東俊希
HT:久保建英→斉藤光毅
67分:田川亨介→原大智
67分:滝裕太→宮代大聖
83分:郷家友太→山田康太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング