甦ってきた伝統の堅守。耐えた“イチフナ”が首位・鹿島ユースを逆転で撃破!

ゲキサカ / 2018年10月8日 21時2分

甦ってきた伝統の堅守。耐えた“イチフナ”が首位・鹿島ユースを逆転で撃破!

[10.7 高円宮杯プレミアリーグEAST第15節 鹿島ユース 1-2 市立船橋高 鹿島G]

 タイムアップの瞬間。キャプテンの岡井駿典(3年)が、決勝ゴールの田谷澪斗(3年)が、そして“古巣対決”の岸本駿朔(3年)が、次々に勝利の咆哮を鹿嶋の夜空へ轟かせる。「今日はサッカーの理屈だとか、戦術だとかという所を超えた『本当の戦い』で、それをここでできたのは大きいですね」と笑顔で話す朝岡隆蔵監督の声も嗄れ気味だ。今シーズンの高円宮杯プレミアリーグEASTを牽引し続けてきた首位・鹿島アントラーズユース(茨城)に、2敗目を突き付けた市立船橋高(千葉)。この日の彼らは『本当の戦い』をピッチ上で体現していた。

 第14節終了時で12勝1分け1敗。驚異的なペースで勝ち点を積み上げ、プレミアEASTの首位を独走してきた鹿島ユース。11時にキックオフされたゲームで、2位の青森山田高が勝ったためにこの日の優勝はなくなったが、次節に青森で行われる直接対決で優勝を手繰り寄せるためにも、勝利が必要なホームゲームが今節。一方の市立船橋も5位には付けているものの、残り4節で降格圏とはまだ6ポイント差。また、高校選手権前の最後の公式戦でもあり、「相手も勝ちたい試合で、こっちも負けられない試合」(岡井)は少なくない観衆を集めてスタートする。

 いきなりスコアは動く。前半4分。鹿島ユースの左FK。右の小沼樹輝(3年)、左の佐々木翔悟(3年)。プレミアを席巻してきた2人のプレースキッカーがスポットに立つと、蹴ったのは前者。インスイングのボールへ飛び込んだ赤塚ミカエル(3年)のヘディングが、ゴールネットへ吸い込まれる。「相手もセットプレーでの得点が8割以上ですし、本当に一瞬のスキの攻防だと思っていた」と岸本も警戒を露わにしていたにもかかわらず、得意のセットプレーでの先制点。早くもホームチームが“らしさ”を見せ付け、1点のリードを奪った。

 22分は再び鹿島ユースにセットプレーのチャンス。エリア左での間接FK。キャプテンの前田泰良(3年)が小さく出し、小沼のスルーを経て、佐々木が上げたクロスに、佐藤隆曉(3年)が豪快なダイビングヘッド。軌道は枠の上に逸れたが、前節の清水エスパルスユース戦でも決勝ヘッドをねじ込んだセンターバックの決定機に、追加点の香りが漂う。

 ところが、ワンチャンスで市立船橋が追い付いたのは35分。中盤アンカーの鈴木稀裕(3年)を起点に、鈴木唯人(2年)が右へスルーパス。マーカーに囲まれながら、佐藤圭祐(3年)がスライディングで流し込んだシュートがGKを破る。鹿島ユースは3試合ぶりの失点を喫し、スコアは1-1に。さらに41分には井上怜(3年)の浮き球に西堂久俊(3年)が抜け出し、折り返しに合わせた鈴木唯のシュートは枠を外れるも、市立船橋が一段階ギアを上げると、次の歓喜もアウェイチーム。

 44分。井上が蹴り込んだ右CKを、ファーで競り勝った岸本が折り返し、田谷は左足を強振。クロスバーを叩いたボールはゴールの中へ弾む。「いつも紅白戦とか練習でもサインを変えながらやっている」(岸本)というサインプレーが結実。鹿島ユースの十八番を奪うセットプレーからの一撃で、市立船橋が逆転に成功した。

 今季のリーグ戦では初めて逆転を許した鹿島ユース。後半開始から熊田柊人(3年)を投入し、セットプレーを中心に揺さぶりを掛ける。「リードしている後半って難しいんですよね。相手は来るし、それを受けちゃいけないけど、出過ぎたらやられるし」とは朝岡監督。押し込む鹿島ユース、耐える市立船橋の構図が続く中、2分に佐々木が蹴った右FKは、突っ込んだ赤塚も佐藤もわずかに届かず。17分に佐々木が直接狙ったFKは、市立船橋のGK松井楓雅(3年)が冷静にキャッチ。1-2のまま、ゲームは推移していく。

 集中力は研ぎ澄まされる。「ゴール前でもしっかり寄れていたし、よく我慢してギリギリの所で足を出さずに対応するとか、当たり前のことのベースは確認できたかなと思う」と朝岡監督も評価した市立船橋の守備に穴は開かない。鹿島ユースは右から結城将貴(3年)が、左から佐々木が再三突破を仕掛けるも、「やっぱりアイツの1対1は強かったね」と指揮官が名指しした左の松尾勇佑(3年)と右の余合壮太(3年)、両ウイングバックも必死に食らい付く。

 35分に途中出場の有馬幸太郎(3年)が放ったシュートは、寄せた田谷が決死のブロック。43分に結城のクロスをピンポイントで合わせた赤塚のヘディングは、わずかにクロスバーの上へ。45+3分にエリア内で有馬が持ち込んだシュートも、岸本が体で防ぐ。最後は町田雄亮(2年)、畑大雅(2年)、帰ってきた郡司篤也(3年)でゲームクローズ。「ずっと圧力は受けていたんですけど、最後まで跳ね返すことができたので、最高の気分です」(岡井)「プレミアでは今までで一番嬉しかったです」(岸本)。進撃の鹿島ユースを堅守でストップした市立船橋が、残留に向けて大きな勝ち点3を獲得した。

 前述した『本当の戦い』に触れた朝岡監督は、こうも話している。「アントラーズ、流経、山田の3チームというのは戦う所のベースが高いんですよ。だから、ウチはそこを中心にチームを作ってきた訳ではないけど、最終的にはそこに戻って行かないとダメだと思っているし、そういうチームに対して勝ち切れたというのは大きいと思います。しっかり耐えて、シャットアウトしたという、まあ『昔のイチフナっぽいな』という所で。やっぱりそういう強さも必要だなって」。確かな手応えを口にしつつ、「とりあえず疲れました!」と笑った“朝岡先生”は修学旅行へ合流するため、足早にグラウンドを後にした。

 今月末には選手権の県予選も幕を開ける。他のライバルも待ち受けてはいるが、最大のターゲットが決勝でしか当たることのない流通経済大柏高であることは言うまでもない。「こういう試合が増えてくると思うので、1点の重みを大事にして、チームでやることを統一して盛り上げてやっていきたいですね」と岡井。この日の勝利を大きな自信に、2年ぶりとなる冬の全国を目指す市立船橋の逆襲は、鹿嶋の地からリスタートを切った。

(取材・文 土屋雅史)●2018高円宮杯プレミアリーグEAST特集
●【特設】高校選手権2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング