仏リーグアン史上初となる女性主審が誕生へ

ゲキサカ / 2019年4月24日 12時27分

フランス・リーグアンデビューを飾るステファニー・フラパートさん

 フランスサッカー連盟(FFF)は23日、28日に行われるリーグアン第34節・アミアン対ストラスブールで、女性審判が国内初となる主審を務めることになったと発表した。

 『AFP Sports』によると、主審を務めるのは35歳のステファニー・フラパートさん。2014年からはリーグドゥ(2部)で審判を務めてきており、15年のカナダ女子ワールドカップも経験。さらに、ヤングなでしこが優勝した18年のU-20女子ワールドカップ決勝戦でもピッチに立っていた。

 今年6月にフランスで開催される女子ワールドカップでもフランス人として唯一審判に任命されており、今回のリーグアンデビューはそのための経験を積ませることも狙いのひとつになっているという。

 ドイツ・ブンデスリーガでは17年にビビアナ・シュタインハウスさんがドイツ初となる主審デビューを飾っている。
●フランス・リーグアン2018-19特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング