近江が2年ぶりV!PKの1点を守り抜いて草津東に勝利:滋賀

ゲキサカ / 2019年6月1日 14時19分

 1日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の滋賀県予選決勝が行われ、近江高が2年ぶりの優勝を果たした。

 決勝は新人戦優勝校(綾羽と両校優勝)でプリンスリーグ関西所属の近江と、2連覇を目指した草津東高が対戦。後半27分にMF金田弦也がPKを決めて先制すると、このリードを守り抜いて1-0で逃げ切った。近江のインターハイ出場は2年ぶり2回目となる。

[決勝](6月1日)
草津東高 0-1 近江高

[準決勝](5月30日)
草津東高 4-1 守山北高
比叡山高 0-1 近江高

[準々決勝](5月25日)
綾羽高 0-2 草津東高
守山北高 1-1(PK2-0)滋賀学園高
比叡山高 2-1 野洲高
瀬田工高 0-6 近江高
●【特設】高校総体2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング