「eW杯」出場32選手が決定! 前回王者ドサリ、“FIFAのメッシ”ニコラス、“神童”テックズなどが順当出場

ゲキサカ / 2019年8月2日 14時46分

「eW杯」出場32選手が決定! 前回王者ドサリ、“FIFAのメッシ”ニコラス、“神童”テックズなどが順当出場

 国際サッカー連盟(FIFA)は16日、8月2日に開幕する「FIFA eワールドカップ 2019」の出場選手が決定したことを発表した。

 大会は8月2日から4日にかけてイギリス・ロンドンで開催。優勝賞金は25万ドル(約2000万円)で、大会の賞金総額は昨年の40万ドル(約4400万円)から50万ドル(約5400万円)に増加している。

 7月上旬に開催された「FIFA19 グローバルシリーズ プレーオフ」の結果により、「Xbox one」「PlayStation4」の2部門から年間ランキング上位16名ずつが選出。プレーオフには「PlayStation4」部門で日本からナスリ(横浜F・マリノス所属)、つぁくと(Blue United eFC所属)が出場していたものの、ナスリは決勝トーナメント2回戦で敗退し、つぁくとは予選敗退。2選手は年間ランキング16位以内に入ることができず、今季のeワールドカップ出場権を逃していた。

 eワールドカップは「Xbox one」部門で8名ずつの2グループ、「PlayStation4」で8名ずつの2グループをつくり、グループリーグを行う。各4グループの上位4名、計16名がラウンド16に進出。そこからは「Xbox one」部門8名と「PlayStation4」部門8名に分かれてトーナメント戦を行い、「Xbox one」の勝者と「PlayStation4」の勝者が決勝戦で激突する。決勝では2選手が「Xbox one」と「PlayStation4」で1試合ずつ対戦し、2戦合計得点でチャンピオンを決定させる。

 出場選手では昨季王者のMSドサリ(サウジアラビア/Xbox one)や“FIFA界のメッシ”ことニコラス99fc(アルゼンチン/PlayStation4)、17歳の“神童”テックズ(イングランド/Xbox one)といった注目選手がシードとして名を連ねている。

以下、eワールドカップに出場する32選手
■グループA(Xbox one)
・テックズ(イングランド)
・メガビット(ドイツ)
・ストークス(イングランド)
・レゼンデ(ブラジル)
・ダニ(オランダ)
・ヤノス(コロンビア)
・タス(イングランド)
・エビーニョ(ブラジル)

■グループB(Xbox one)
・MSドサリ(サウジアラビア)
・ダックス(フランス)
・Nラセック(ドイツ)
・ゴールマシーン(カナダ)
・ダランマイク(ドイツ)
・マーカスゴメス(オーストラリア)
・ラフソウ(フランス)
・ジダン10(スペイン)

■グループC(PlayStation4)
・ニコラス99fc(アルゼンチン)
・レフビンケン(オランダ)
・モアウバ(ドイツ)
・トゥガ810(ポルトガル)
・ユスティン(デンマーク)
・トール(ブラジル)
・Drイーファン(ドイツ)
・マルコ(オーストラリア)

■グループD(PlayStation4)
・マエストロスクアッド(フランス)
・ピナ(ベルギー)
・ジョクサン(アメリカ)
・ディディークリスリト(アメリカ)
・フィフィルツァ(ブラジル)
・ラスタアルトゥール(ポルトガル)
・ジェジーニョ(ブラジル)
・ザ・ストレンジャー(ドイツ)
●FIFAeワールドカップ2019特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング