ポグバを取れなきゃ…、ポグバを失うなら…狙うはエリクセン

ゲキサカ / 2019年8月6日 16時12分

MFポール・ポグバ(左)とMFクリスティアン・エリクセン

 レアル・マドリーはマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ獲得を狙いつつ、その代替案として名前が挙がるトッテナムMFクリスティアン・エリクセンの動向を気にしている。スペイン『アス』が報じた。

 トッテナムの絶対的な存在であるエリクセンの契約は20年6月までだが、現時点で契約延長には至っていない。「ステップアップ」としてレアルへの移籍を望んでいるようで、今年5月にはレアルとエリクセンが口頭合意に達したとの報道もされた。

 だが、レアルの第一候補はあくまでポグバであり、フランス代表MFの獲得に失敗した場合にエリクセンもしくはアヤックスのMFドニー・ファン・デ・ベーク獲得に動くとされている。

 ここで、エリクセン獲得レースに参戦する動きを見せるのが、ポグバ流出の可能性があるマンチェスター・Uだ。獲得リストの上位には常にエリクセンの名前があり、オーレ・グンナー・スールシャール監督も来季に向けた幹部会談でエリクセンの名前を挙げたようだ。エリクセン本人もオファーを受けるかどうか、真剣に検討し始めているという。
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング