1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:水色の青春(川崎フロンターレU-18)

ゲキサカ / 2023年12月6日 18時45分

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:水色の青春(川崎フロンターレU-18)

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 激闘が終わったばかりの芝生の上に、水色の選手たちが次々と倒れ込む。

「本当にたくさんのサポーターの方が等々力に入ってくださって、これまで一生懸命トレーニングをやってきた選手たち、メンバーに入れなかった選手たち、そういう人たちの気持ちをちゃんと考えようというところと、サポーターにちゃんと結果で勝利を届けようというところで試合に入りました。選手たちは一生懸命最後まで頑張ってくれたと思います。ただ、尚志の方が強かったです」(長橋康弘監督)。

 プレミアリーグEAST連覇を、そしてプレミアリーグファイナルでのリベンジを目指した川崎フロンターレU-18(神奈川)の挑戦は、3500人近い観衆を集めた最終節の等々力陸上競技場で幕を閉じる。守るべき王座と、奪うべき王座。2つのプレッシャーと戦い続けた2023年の彼らは、それでも最後まで、堂々と、戦い切ったのだ。


 2022年12月11日。国立競技場。プレミアリーグEASTで初昇格初優勝を成し遂げた川崎F U-18が、プレミアリーグWESTを制したサガン鳥栖U-18と対峙したプレミアリーグファイナル。ハイレベルな好ゲームは3-2で鳥栖U-18が競り勝ち、歓喜を爆発させる。

「自分たちが一番だと思って戦った試合だったんですけど、そうじゃないことが証明されたことで、また『自分たちはチャレンジャーだ』ということを再確認できました」と振り返るのは、ファイナルに臨むチームのゴールマウスに立っていた、今シーズンのキャプテンを務めるGK濱崎知康(3年)。ナショナルスタジアムで敗れたあの日から、来たる新シーズンの目標はハッキリと定まった。

 上々の滑り出しだった。新しい練習場でもある『Anker フロンタウン生田 Ankerフィールド』のこけら落としとなった、プレミア開幕戦の前橋育英高戦は3-0の快勝。2ゴールを挙げたFW岡崎寅太郎(3年)は「開幕戦は『結果にこだわってやろう』と思っていたので、それをゴールという形で現わせたのは、自分にとって最高の結果に近いんじゃないかなと思います」と胸を張る。

「今日も『チャレンジ』というテーマを掲げていて、今年は再チャレンジというところで、ファイナルで悔しい想いをしている選手もいますので、『もっとチャレンジしなきゃいけないよね』ということで目標を立てました。それはトレーニングのところから意識しています」とは長橋康弘監督。掲げるのは成長へのチャレンジ。連覇へのチャレンジ。日本一へのチャレンジ。『今季も川崎F U-18、強し』を印象付けるようなオープニングマッチだったことは間違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください