【エアアジア機 墜落】40人以上のご遺体を収容=カリマンタン島南西部沖

Global News Asia / 2014年12月31日 0時30分

エアアジアA320型機。

 2014年12月30日、現地メディアによると、28日午前6時17分(日本時間8時17分)に消息を絶ったインドネシア・スラバヤ発シンガポール行の、エアアジア8501便(乗客乗員162名)エアバスA320型機の捜索が続いている。

 レーダーで最後に確認できた位置から東へ約10キロのカリマンタン島南西部沖の地点で、40人以上のご遺体を収容した。また、機体のドア部分や非常口の部品、オレンジ色の救命胴衣なども見つかった。

 現場付近の水深は25~30メートル前後で、ダイバーを投入して捜索している。海底にはエアアジア機と思われる大きな影が見える。残りの乗客乗員の捜索に全力をあげる。

 スラバヤで対応にあたっているエアアジアの最高責任者トニー・フェルナンデスCEOはツイッターで「悲しみでいっぱい。エアアジアを代表して哀悼の意を表します。どんなに申し訳なく思っているか、言葉で言い表せません」と発信した。 

追記)31日午後、インドネシア海軍は、現地メディアに「40人の遺体を収容した情報について」誤りだと取消した。

【編集 : 高橋大地】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング