【エアアジア機 墜落】積乱雲を避けようと急上昇での失速か

Global News Asia / 2015年1月1日 10時15分

資料写真・エアバスA320型機のコックピット(エアアジア機と同型機)

 2015年1月1日、2014年12月28日午前6時17分(日本時間8時17分)に消息を絶ったインドネシア・スラバヤ発シンガポール行の、エアアジア8501便(乗客乗員162名)エアバスA320型機の捜索が続いている。

 現地メディアによると、エアアジア機は、積乱雲を避けようと急上昇していた可能性がある事が分かった。

 レーダーに記録されている上昇速度の数値は驚くほど高く、通常の安全運航の範囲を超えていたようだ。乱気流に巻き込まれたエアアジア機は、速度を測る計器が凍ってしまい、パイロットは正確な速度を認知することが出来なかったのではないかと見ている。

 墜落したのは、レーダーで最後に確認できた位置から東へ約10キロのカリマンタン島南西部沖の地点。遺体の収容やエアアジア機の残骸や遺留物を回収している。

【編集 : 高橋大地】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング