自動車製造で培った技術を纏ったハイスペックスーツケース

&GP / 2019年8月4日 22時0分

写真

自動車製造で培った技術を纏ったハイスペックスーツケース

今年の長いお盆休みは旅行に出かける方も多いと思いますが、旅のお供であるスーツケースをぶつけてベッコリ…、なんて経験をしたことはないでしょうか。ケースだけでなく地味に心も凹んでしまいますよね。

自動車メーカーのテクノロジーが駆使された、イタリア生まれのLANZZO(ランツォ)のスーツケースは耐久性バツグン。デザイン性も高い注目のモデルを紹介します!

ボディーの強度をグッと高めているのが、角を覆うようにしっかり守っているコーナープロテクター。航空機基準のアルミニウムマグネシウム合金が採用されており、ハンマーで叩いてもそう簡単には凹みません。

スーツケースでは壊れることの多いキャスターも丈夫。日本製の炭素銅軸を使用していて、凸凹なオフロードでも問題なく走行。加重20kgと高さ約1mの落下試験もクリアしています。

操作に重要なハンドルも過酷なテストをパスしており、引き伸ばしもスムーズ。ブレることなくスーツケースをハンドリングできます。なお、ハンドルはボディー上部の窪みにぴったり収納。上に雑誌を置いてもスベり落ちることはありません。

皮のベルトがアクセントになっている「VIKING(バイキング)」は、ゴールド・グレー・ブラックの3色のボディーと、ベージュ・ブラックの2色の皮が採用された6モデル。価格は19インチ(51×38.5×23cm)が11万5000円(税別)、24インチ(60×43×24cm)が13万円(税別)。

▲「VIKING」(Black/Beige)

▲「VIKING」Gold/Black

シンプルなデザインの「NORMAN(ノーマン)」は、ゴールド・グレー・シルバー・ブラックの4色のボディーと、ブラックまたはボディーと同色の2パターンのコーナープロテクトが選べる7モデル。価格は21インチ(55×40×20cm)が7万7000円(税別)、27インチ(70×47×25cm)が9万6000円(税別)、29インチ(76×51×28 cm)が10万1000円(税別)。

▲「NORMAN」(Gray)

ノーマンのボディー素材が軽量なポリカーボネートになった「NORMAN LIGHT(ノーマンライト)」は、ワインレッド・ネイビー・グレー・ブラックのカラーが異なる4モデル。価格は21インチが4万7000円(税別)、27インチが5万2000円(税別)、29インチが5万7000円(税別)(※サイズはNORMANと同じ)。

▲「NORMAN LIGHT」(Wine)

ボディーが鏡面仕上げになっている個性的な「DIAMOND(ダイアモンド)」はシルバーの1モデルで、価格は21インチが8万5000円(税別)(※サイズはNORMANと同じ)。

▲「DIAMOND」

いずれのモデルも世界的なデザイナー集団がデザイン。ミニマルで高級感のある見た目は、ビジネスや旅行などシーンを選ばず活躍するはず!

>> LANZZO

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング