スルタンの信心深さの象徴!トルコ・エディルネの「バヤジット2世の複合施設」の美しいモスク

GOTRIP! / 2019年10月7日 6時30分

トルコ西端の街、エディルネ。この街には世界遺産に登録されているイスラム寺院「セリミエ・モスク」があります。

トルコ史上最高の建築家と評されるミマール・スィナンによる傑作で、エディルネ観光には欠かせない名所になっていることは言うまでもありません。

そんなセリミエ・モスク以外にも、エディルネには実はまだまだ知られざる名所があります。

エディルネの広大な大地を存分に利用し、セリミエ・モスクよりもさらに昔に建設された「バヤジット2世の複合施設」は、エディルネを訪れたら必ず立ち寄っておきたいスポットのひとつです。

「バヤジット2世の複合施設」は、その名の通り、オスマン帝国第8代皇帝のバヤジット2世の命により、ミマール・ハイレッディンの設計に基づき建設されました。

バヤジット2世は、コンスタンティノープルを陥落させ東ローマ帝国を滅ぼしたメフメト2世の子に当たります。のちに「征服者」と呼ばれた父に対し、バヤジット2世は「聖者」と呼ばれるほどの熱心なムスリムで、彼の時代は帝国の拡大よりもイスラム色が強く出た保守的な時代でした。

コンスタンティノープルはすでに父の代で陥落していたため、オスマン帝国の首都はすでにイスタンブールに遷っていました。バヤジット2世のモスクはイスタンブールに現存していますが、彼は古都エディルネにも、さらに大規模な複合施設を造らせたのです。

トゥンジャ川が静かに流れる平坦な大地に堂々と構えるように建つ複合施設は、どこまでも連続するドームのシルエットが美しく、まるで宮殿のような姿をしています。敷地内にはモスクのほかに医学学校、神学校、救貧院、ハマム(浴場)などが含まれており、その中の医学校が改装されて、現在は医学博物館として利用されています。

オスマン帝国時代の医学を人形を使ってリアルに再現していたり、実際に使われていた医療器具などの展示がありトルコ語がわからなくても十分に楽しめるようになっています。

医学博物館と並んで素晴らしいのは、バヤジット2世のモスクそのものです。彼の信心深さが表れているかのような、静謐で神聖な空間に、思わず息を呑むでしょう。鮮やかな朱色の絨毯と、ドームの天井に施された青の装飾のコントラストが非常に美しく、壁にいくつもある大きめの窓から差し込む日光が堂内をさらに神々しく照らし出しています。

セリミエ・モスクに比べて観光客が少なく、エディルネの中心地からやや離れたところにあるため、モスク本来の神秘的な空間をより強く肌で感じることができるはずです。

エディルネを訪れたら、「バヤジット2世の複合施設」にもぜひ足を運んでみてください。きっとイスラムに対する彼の敬虔さを体感できるはずです。

Post:GoTrip!http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 バヤジット2世の複合施設・医学博物館(II. Bayezid Külliyesi,Sağlık Müzesi )
所在地 Yeniimaret, 22000 Edirne Merkez/Edirne

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング