1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

スヌーピーの限定グッズやカフェも!南町田〈スヌーピーミュージアム〉。

Hanako.tokyo / 2021年9月30日 12時0分

スヌーピーの限定グッズやカフェも!南町田〈スヌーピーミュージアム〉。

東京・町田の商業施設「南町田グランベリーパーク」にある〈スヌーピーミュージアム〉は、「スヌーピーとピーナッツ・ギャング」の常設展を始め、テーマに合わせた貴重な原画などが展示される「企画展」を開催。ミュージアムショップでしか買えない特別なグッズやワークショップなどにも注目!

大好きなスヌーピーやピーナッツ・ギャングといつでも会える〈スヌーピーミュージアム〉。

東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅より徒歩4分の場所に位置する〈スヌーピーミュージアム〉は、米カリフォルニア州のシュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライトとして2019年12月にオープン。常設展を始め貴重な原画などが展示される「企画展」などファンはもちろん、スヌーピーをあまり知らない人も楽しめるミュージアムです。

「チケットブース」。チケットは前売りがお得です。

ぬいぐるみワークショップの日は、ドッグハウス型の特別な什器やディスプレイが施され、「ピーナッツ」の世界観にあふれたぬいぐるみ工房に変身するそう。

取材当日は「スヌーピーとチャーリーブラウン(野球帽)の練りきり」のワークショップが行われていました。

エントランスの照明を見ると、スヌーピーのシャンデリアが!

1階にある「ワークショップルーム」では、ぬいぐるみやトートバッグ、お菓子づくりなど、様々なプログラムを体験できます。
なかでもスヌーピーのボディにペレット(詰め物)や綿を入れ、名前入りのTシャツや首輪を取り付けるなど、オンリーワンの「スヌーピーのぬいぐるみ」を作るワークショップが大人気。
自分だけのスヌーピーの出生証明書とともに、オリジナルスタンプでアレンジした、巾着袋でお持ち帰りできます。人気過ぎて予約が困難だそうなので、タイミングよく予約ができたらラッキー。詳しくは公式サイトをチェック!

常設展では新作のオリジナルアニメーションも!

常設展では「新作オリジナルアニメーション」が来館を歓迎してくれます。音楽と共に、コミカルなアニメーションが流れて楽しい気分に!

作者チャールズ・シュルツの創作の歴史やシュルツの人生と共に、ピーナッツの物語やキャラクターとの密接な関わりも紹介している「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」。

常設展では「スヌーピーとピーナッツ・ギャング」の複製原画やヴィンテージグッズを展示。

年代によって作画のタッチが違うのですが、どれもみんなカワイイ!

観たことはあったけど、名前までは知らなかったキャラクターたちもいる。

テラスにもフォトスポットあり!

スヌーピーの親友「ウッドストック」。

マニアが所有するお宝フィギュアも展示。

ミュージアムの新名所!何体もの大きなスヌーピーが並ぶ「スヌーピー・ルーム」。

ミュージアムの新名所は「スヌーピー・ルーム」。大きな白い部屋に、何体もの大きなスヌーピーが並んでいます。
中でもライナスの毛布の上ですやすや寝る、全長約8メートルの巨大スヌーピーが大人気!

スケートを滑るスヌーピー。

お面をかぶっているスヌーピー。

おすまししているスヌーピーは犬らしい。

コミックに登場したユニークなポーズのスヌーピーが!

スポーツをテーマにした企画展「スポーツは人生のともだち」。

シュルツ美術館が所蔵する貴重な原画で構成する企画展。今回のテーマは「スポーツ」です。
作者チャールズ・シュルツは子どもの頃からゴルフや野球、テニスやアイスホッケーなど、いろいろなスポーツが大好きで、コミックにもスポーツをするシーンが度々登場します。

スヌーピーのお家をイメージした展示台。

楽しみ、時に一生懸命で、ちょっぴりおかしい。

そんなスポーツのある日常を描いた原画。

サーフィンでワイプアウトするスヌーピーと写真を撮って楽しんで!

シュルツにとってスポーツは、「人生のともだち」。たとえうまくいかなくても、スポーツを愛するスヌーピーやピーナッツ・ギャングが描かれています。

スヌーピーの親友ウッドストックをイメージしたイエローカラーの「ウッドストック・ルーム」では、オリジナルアニメーション「屋根の上のスヌーピー」の動画が流れ、壁面には通常「ピーナッツ」に関連する書籍が並べられています。
取材時は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため書籍はありませんでしたが、ふわふわの椅子に座って動画や壁面に描かれたウッドストックを眺めて一休み。

ココでしか買えないグッズばかり!ミュージアムショップ「ブラウンズストア」。

ミュージアムのラストは、チャーリー・ブラウンをイメージしたミュージアムショップ「ブラウンズストア」。人気ブランドとのコラボレーショングッズや企画展限定のオリジナルグッズなど、多彩なラインナップを展開しています。

「ジョー・クール50周年記念グッズ」。

昔ながらのスタンダードなスヌーピーやウッドストックのぬいぐるみも人気。

スヌーピーの張り子が可愛すぎる~!

ハンドクリームなどケア商品も。

ラメがキラキラ光るウォータードーム。

ヘリオス魔法瓶500mL。

「ロゴダイカット缶クッキー」1,980円。

「ブラウンズストア」は、ミュージアムに来館した人しか入れません。企画展に合わせたグッズなど、その時でないと手に入らない物も。買い忘れがないように事前に公式ページをチェックしておくのも。

〈SNOOPY MUSEUM TOKYO〉
前売券    一般、大学生 1,800円
                中学、高校生 800円   
                4歳~小学生 400円

当日券    一般、大学生 2,000円
                中学、高校生 1,000円
                 4歳~小学生    600円
東京都町田市鶴間3-1-1 南町田グランベリーパーク パークライフ棟
042-812-2723 
10:00~18:00(入場は17:30まで)
年中無休 (1月1日、その他年2日)
公式サイト

ミュージアムを楽しんだ後はミュージアムに隣接する〈ピーナッツ カフェ〉へ。

ミュージアムを楽しんだ後は隣接の「ピーナッツ カフェ」へ。「ピーナッツ」の世界観のもと、ピーナッツ・ギャングの"POTLUCKピクニック"(持ち寄りピクニック)をイメージしたバスケットプレートやスキレットピッツァなど、町田の緑豊かな環境にぴったりのメニューが楽しめます。

グランドメニューの他に、企画展と連動したスペシャルメニューも楽しめます。
【企画展連動メニュー】
・「チャーリー・ブラウンのピッチャーマウンドハンバーグ」1,760円
・「スヌーピーのロングボードサーフピザトースト」1,760円
・「KLOP!ベースボールマリトッツォ」990円
・「GOOD GRIEF!スライディングスムージー」880円

BEAGLE SCOUTS' SHACK 「ピクニックバスケット&プレート/ローストチキンorミートボール」1,650円。

BEAGLE SCOUTS' SHACK 「ピクニックバスケット&プレート/ミートボール」1,650円。

「チャーリー・ブラウンのピッチャーマウンドハンバーグ」1,760円。

「GOOD GRIEF!スライディングスムージー」880円。

「ピーナッツ」をイメージしたメニューも豊富!

アウトドアでも活躍するオリジナルグッズも販売。

「ピーナッツ カフェ」パークライフ棟内に。

ミュージアムだけでなく、グッズやカフェまで満喫。
カフェはミュージアムを利用しなくても入れ、「ブラウンズストア」では販売していない「ピーナッツ」のアウトドアグッズなども必見です。

〈PEANUTS Cafe SNOOPY MUSEUM TOKYO〉
東京都町田市鶴間3-1-1 南町田グランベリーパーク
042-850-7390
 公式サイト

© 2021 Peanuts Worldwide LLC

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング