BELSTAFF×SOPHNET. 第4弾!新宿伊勢丹メンズ館でカプセルコレクション

IGNITE / 2018年8月4日 19時0分

写真

日英の若者文化を具現化したこのカプセルが登場。

2017SSに初ローンチされ、話題となった英国ラグジュアリーファッションブランドBELSTAFFと日本のメンズアパレルブランドSOPHNET.からカプセルコレクションの第4弾が登場。

BELSTFFの2018秋冬メインコレクションのテーマ「MadeInUK」はBELSTAFF x SOPHNET.のコラボ第4弾のクリエーションの着想の源泉にもなった。

「MadeInUK」は「イギリス生まれ」のこと。

1960年からファッションシーンにパワーを与えたモッズ、スキン、パンク、ロックなどの若者のサブカルチャーを捉えたテーマと、SOPHNET.が持つストリートカルチャーの文化とも高い親和性。

日英2つのブランドはコートやライダースなどのジャケットに、90年代の東京、そしてロンドンという両方のストリートシーンを吹き込んで、新たなクリエーションを誕生させた。

8月8日より全国のベルスタッフストアで発売をスタート。

更に、伊勢丹新宿店メンズ館でPOPUP STOREが開催される。

-COLLECTION NOTES-

【GALSTON BXS】

背面にあるラインブロッキングがモダンに映えるモッズコート。

オーセンティックなミリタリーテイストとアート感覚あふれるデザインアクセントが融合した一着は、コーディネートを選ばないユーティリティー性が魅力。

インにトラックジャケットを合わせた90’Sロンドンのサポータースタイルが今シーズンのイメージ。

ブラック、カーキ、ネイビーの3色を展開する。

¥83,000(税抜)

【MARTOCK BXS】

レトロなマウンテンジャケットを踏襲しつつも、ブラック、カーキ、ネイビーといったシックな配色によって都会的に仕上げたダウンパーカ。

高い防寒性と軽い着用感を兼ね備えており、本格的なアウトドアから普段使いまで幅広い用途が見込める。

カモフラ柄の裏地によってミリタリーの要素をミックスしたところも特徴。

ブラック、カーキ、ネイビーの3色を展開する。

¥98,000(税抜)

【HARDEN BXS】

ベルスタッフのシンボルともいえるライダースジャケット。

オーセンティックなムードは踏襲しつつ、ソフトで滑らかなラムレザーを用い、モダンなシルエットにアップデートすることで日常での汎用性を高めている。

襟裏のカラーブロッキングや袖のサイドジップもこのコラボならではのディテール。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング