高反発ソールでさらにスムーズな走り!ミズノ「WAVE RIDER 24」

IGNITE / 2020年9月2日 22時0分

写真

気候が落ち着いてくると、ランニングも楽しくなってくる。

ミズノから、さらにスムーズな走りを実現したランニングシューズが登場だ。

ミズノは、新開発の高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)』を搭載したランニングシューズ 「WAVE RIDER 24(ウエーブライダー トゥエンティフォー)」を、9月上旬から順次、全国のミズノランニング品取扱店で販売する。

■最も人気のあるロングセラーシリーズ
“スムーズな走り心地”をコンセプトにしたランニングシューズで、1997年のデビュー以来、グローバルでの累計販売数1,000万足を超えるミズノのランニングシューズで最も人気のあるロングセラーシリーズだ。従来から搭載しているミズノの基幹機能であるウエーブテクノロジーに加え、従来のソール素材と比較し柔らかさが約17%、反発性が約15%向上した新素材『MIZUNO ENERZY』を踵部に搭載。その結果、よりスムーズで滑らかな走り心地を追求している。

■ミズノの基幹機能である『MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)』搭載
1997年に発売した初代「WAVE RIDER」から、ソール部にミズノ独自の波形プレート『ミズノウエーブ』を搭載。これにより縦方向の衝撃を吸収し、横方向のズレには安定性を発揮することで、シューズに求められるクッション性と安定性を両立させ、スムーズで滑らかな走り心地を実現。

「WAVE RIDER 24」

¥12,900(税抜)

■『MIZUNO ENERZY』とは
新素材『MIZUNO ENERZY』は、柔らかさによってためた接地時のエネルギーを、ロスを少なく反発させるミズノ独自の新素材で、総合スポーツ用品メーカーとしてシューズカテゴリー以外の用具開発を通して培った反発性に関する知見を活用して開発された。

新素材『MIZUNO ENERZY』は、競技特性や使用シーンに合わせて、最も柔らかさと反発性を高めた『MIZUNO ENERZY CORE』、軽量性を追求した『MIZUNO ENERZY LITE』、標準的な『MIZUNO ENERZY』の3タイプで構成されている。「WAVE RIDER 24」には、標準的な『MIZUNO ENERZY』を採用。

■快適なランニング体験を追求する「WAVE RIDER NEO」
「WAVE RIDER NEO」は「WAVE RIDER」シリーズのプレミアムモデルで、より快適なランニング体験を追求。

ソール部には、『MIZUNO WAVE』に加えて、新素材『MIZUNO ENERZY』をソールのつま先部から踵部にかけて搭載。アッパー部には、横方向に伸縮し、縦方向への伸縮を抑えるように設計された『ウーブンアッパー』を使用し、さらに履き口とベロ部を一体化するブーティ構造を採用することで足へのフィット感を向上させている。さらに、アウトソールには、軽量ながらグリップ性を高めた『G3ソール』を採用。

「WAVE RIDER NEO」

¥18,000(税抜)

軽快な走りを求める人たちにぜひ履いてほしい一足だ。

URL:https://www.mizuno.jp/running/waverider/
https://www.mizuno.jp/running/waverider_neo/

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング