1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

バラのツリーがお出迎え!ザ・リッツ・カールトン大阪「クリスマスアフタヌーンティー」

IGNITE / 2021年11月14日 21時30分

写真

ザ・リッツ・カールトン大阪は、12月26日(日)まで、エグゼクティブペストリーシェフのファビアン・マルタンが手がける『クリスマスアフタヌーンティー』を、ホテル1階ザ・ロビーラウンジにて提供する。


今年4月に着任したフランス人シェフのファビアンが、ザ・リッツ・カールトン大阪で初めて迎えるクリスマス。今回のアフタヌーンティーは、館内のショップで販売するクリスマスケーキやスイーツの中から、3種類の味をサンプリングできる内容となっている。

例えばアフタヌーンティーのスイーツで用意する「ブッシュ・ド・ノエル・ブラン」、「クリスマスリース」、「雪そりのギフト」は、いずれもグルメショップでホールケーキとしても販売。

メニューには他にも、焼き菓子のシュトーレンやセイヴォリーには雪ダルマに見立てたチェリートマトとボッコンチーニ、赤いバンズが印象的な生ハムバーガーなど、クリスマスのひと時を過ごすのにぴったりなスイーツ&セイヴォリーを取り揃えた。

価格はクリスマスアフタヌーンティーが6,900円、クリスマスアフタヌーンティー クリスマスカクテル付きが8,500円、ザ・リッツ・カールトン シグネチャーアフタヌーンティーが11,000円(グラスシャンパーニュ「ペリエ ジュエ ベル エポック」、お土産のマカロン3個付き)となっている。

「クリスマスアフタヌーンティー」と同期間の12月26日(日)まで、ザ・ロビーラウンジはもちろん、ホテル全館はクリスマス装飾で煌びやかに彩られる。

中でも注目は、毎年フォトスポットとして人気のメインロビーのクリスマスツリーで、今年は1000本の赤い薔薇が高さ3メートルのツリーを艶やかに飾る。

またフロント前には、毎年恒例のお菓子の家が登場。ペストリーシェフたちが、クッキーやチョコレートなどで一つ一つ丁寧に作り上げたジンジャーブレッドハウスは必見だ。

ロビーでは暖炉の薪に実際に火が灯され、クリスマスシーズンにホテルを訪れるゲストを一層温かくお出迎え。大切な人と共に、思い出に残る素敵なクリスマスをザ・リッツ・カールトン大阪で過ごしてみてはいかがだろう。

https://lounge.ritzcarltonosaka.com/afternoontea

(Yuko Ogawa)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください