アルファロメオ公認カスタムギターが限定11本で受注開始【動画】

IGNITE / 2014年7月17日 11時25分

写真

イギリスのカスタムギターメーカーHarrison Custom Guitarが、アルファロメオをモチーフとしたカスタムギターの受注を開始。11本限定で発売される。アルファロメオの三角グリルを髣髴させるボディ、アルファロメオ独特の赤の色使い(アルファレッド塗装)、エンブレムを使ったボリューム調整部分、ネック部分にあしらわれた「クアドリフォリオ」のマーク、これほどまでに遊び心を感じるギターはそう多く存在しない。今回どのような経緯で製作までに至ったかというと、Foo Fightersのギターボーカルや元Nirvanaのドラマーであるデイヴ・グロールが監督を務めた映画「SOUND CITY」のプレミアにあわせて製作されたもので、コレクターなどから生産を望む声が多く寄せられたため、製作に至ったという。アルファロメオはこれまでも、マーシャルとコラボレーションをして「MiTo」のデモカーも公開しているが、その紹介映像にも今回のカスタムギターが登場している。他の仕様を説明すると、ピックアップはストラトキャスタータイプの3連タイプ(アームストロング社製)、背面部分などには「アルファロメオ4c」をイメージしたカーボンパネルが採用され、エンブレムの裏側には、製作者のシグネチャーと製造番号を刻んだプレートが設置される。

このカスタムギターは、11本の限定で受注を開始しており、値段は4000ポンド。

日本円にして70万円程度の価格となっている。

 (Lion-Maniacs)

The post アルファロメオ公認カスタムギターが限定11本で受注開始【動画】 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング