ヨガやランニングのフォーム測定にも使える『モーションセンサー内蔵心拍計』が画期的!

IGNITE / 2014年9月5日 12時33分

写真

運動強度をコントロールして、効率のいいフィットネスを実現するのに欠かせないハートレートモニタがさらなる進化を遂げた。「Wahoo Fitness TICKR Run モーションセンサー内蔵心拍計」は装着者のランニングフォームを測定し、左右の脚のパワーバランスなども可視化できるハートレートモニタだ。
通信方式はBluetooth LE、およびヘルスケア機器での採用例が多いANT+に対応。同時接続が可能で、ログはiPhone、リアルタイムなスコア表示は腕時計型のディスプレイに表示させることができる。

またスマートフォンアプリの『Wahoo Fitness』を利用することで、3軸の加速度センサーを用いた以下の項目の計測も可能になる。

・ランニングフォーム
・ケイデンス(歩数)・ランニングマシン使用時の速度、走行距離

マシンを使ってのトレーニングにも対応、動画を見るに、自転車やスイミングでも使用可能なようだ。防水性能はIPX7(水深1.5mの深さに30分沈めておいても動作に影響が出ない)となっている。

重心の偏り、疲れや故障などからきたズレなど、自分では気がつきにくいフォームの崩れも見えてくるのだろう。

The post ヨガやランニングのフォーム測定にも使える『モーションセンサー内蔵心拍計』が画期的! appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング