iPhoneで熱中症対策!タニタからBluetooth接続の熱中症指数計

ITライフハック / 2019年6月28日 10時0分

写真


タニタは、Bluetooth通信機能を備えた黒球式熱中症指数計「TC-310」を2019年7月1日より発売する。価格は3万円(税別)。

本製品は、熱中症予防の指標となるWBGT(暑さ指数)などを計測・記録するとともに、計測データをiPhoneなどにリアルタイムで送信できるのが特徴だ。

計測・記録項目はWBGT、気温、相対湿度、黒球温度の4項目。計測データは無線通信でiPhoneなどに送信し、対応アプリでリアルタイムに確認したり、本体に記録した最大3万件の計測データをダウンロードが可能だ。

業務用として、気象や熱中症に関する研究機関や熱中症対策に取り組む自治体・企業などを対象に販売する。また、通信プロトコルを公開してシステム開発会社と連携、企業や団体向けの熱中症予防システムの構築、サービス展開を目指すとしている。

■タニタ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・フォーカルポイントから騒がしい場所でも使いやすいウェアラブル翻訳機「WT2 Plus」を発売
・紫外線と温風乾燥の専用除菌スタンドでいつでも清潔に使える「超高速振動音波電動歯ブラシ」
・ヤマハから一体型のフロントサラウンドシステム「YAS-109」
・パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
・Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング