仏の難民 想像を絶する苦難

Japan In-depth / 2019年9月29日 23時0分

仏の難民 想像を絶する苦難


Ulala(ライター・ブロガー)


「フランス Ulala の視点」


【まとめ】


・フランスでは難民受け入れについて再び議論が再燃。


・多くの難民はCADA等から支援を受け、仏で自立の道を探る。


・今後も増え続けるであろう難民申請に対策が求められる。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=48174でお読みください。】


 


フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、ラジオ局Europelのインタビューにて、現状の難民受け入れ態勢について「きちんと受け入れようと思うと、フランスは全部の難民を受け入れることができない。」と発言し、「効果的・人道的ではない現在の状態」を残念だとした。


また、保護される資格がある人々が効果的に溶け込めるように、より多くのフランス語コースや、より強い雇用政策を設け、違法に入国した保護される権利を持たない者は、もっと速やかに送還しなければいけないと述べたのだ。


実際の話、フランスでは年々難民申請者も増加しており、それに伴い申請が認められる人数も増加し続けている。2014年には難民申請者が64811人であり、認められた人数が14589人だったものが、2018年には122743人の申請があり、33380人が認定されている。今後も同じペースで増加するとすれば、確かになんらかの対策を施さなければ収拾しきれなくなるだろう。(参考:Le Monde)


しかしながら、難民の受け入れに対してはフランス国内でも意見が大きく分かれており、今までも激しい議論を重ねてきた。それをまた蒸し返すのかと反発の声と共にメディア上ではいろいろな意見が飛び交っている。9月30日には国会で議論が行われることになっており、今後もこの議論は続いていくことになるだろう。



▲写真 マクロン大統領 出典:ロシア大統領府


では、保護される権利を持っていると判断された難民たちは、フランスでどのように援助を受け、どのような生活を送るのだろうか。フランスまでにたどり着く話はよく目にするが、その後が語られることも少ない。そこで、現在フランスに在住している方に話を聞いてみることにした。


 


1.イランから来た弁護士


「イランから政治難民としてきました。」


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング