1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「取り過ぎた税金は成長減税として戻せ」国民民主玉木雄一郎代表インタビュー

Japan In-depth / 2023年9月27日 11時0分

「取り過ぎた税金は成長減税として戻せ」国民民主玉木雄一郎代表インタビュー




安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)





「編集長が聞く!」





【まとめ】





・代表選で課題が浮き彫りになり、の改善策が明確になった。





・今は自力で強くなって将来の新しい連立政権で重要な一角を占めるという戦略しかない。





・経済成長して税収の取りすぎた分は「成長減税」という形で家計に戻したらいい。





 





■ 代表選





安倍: 代表選の評価ですが、やってよかったことは何ですか?





玉木: 最後の演説でも申し上げたのですが、前原(誠司)さんは野党第一党の代表経験者であり論客なので、いろんなことを議論していく中で、研ぎ石のように我が党が磨かれたと感じています。特にいろんな課題が浮き彫りになり、それについての改善点、改善策が明確になったことは良かったです。もう一つは、なんだかんだ言ってメディアの皆さんに取り上げていただいたので、国民民主党という政党のあり方と考え方を結果としてたくさんの人に知っていただく機会になったかなと思います。





安倍: そうですね。前原さんとの対立軸はわりと明確だったと思います。前原さんは野党連携強化ということで与党と相対峙すべきなのだということを明確に打ち出していた。結果をご覧になってどうですか?





玉木: 国会議員、総支部長(公認候補予定者)、地方議員、党員・サポーターという4つのカテゴリーで票の出方に差が出ました。我が党はもともと政策理念にこだわって、政策理念を曲げてまで選挙のために立憲民主党に合流しなかった議員でできた政党です。だから、いつか政権を取るためにはあまり非現実的なことを言ったり、反対ばっかりじゃダメだというのがベースにある。そのことがかなり浸透してきた結果、党員・サポーター票と地方議員票は玉木8対前原2になったのではと考えています。





ただ、次の選挙を控えた総支部長は前原さんの方が1票多かった。何故かというと、特に小選挙区を戦う選挙を控えた総支部長は、立憲や維新と組んで選挙区調整した方がいいと考えて、そっちに流れてしまう。現職の国会議員は覚悟を決めて選挙を戦った人がほとんどだから、ダブルスコア(14対7)でしたけど、一期生は前原さんをそもそも推薦していたりして、前原さんに入れている人が多いんです。だから、これは我が党の結党以来の理念、信念の浸透の度合いなので、党員・サポーターは自分の選挙がないから、我が党にとって正しいと思っている方に入れているわけです。





この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください