【エンタがビタミン♪】松井玲奈が乃木坂46初アルバム、ジャケ写のオフショットを公開。新星堂でメンバーの1日店員も決定。

TechinsightJapan / 2015年1月8日 20時55分

写真

乃木坂46の1stアルバム『透明な色』が1月7日に発売された。松井玲奈(SKE48と兼任)がツイッターで、そのアルバムジャケットを撮影した乃木坂駅でのオフショットを公開している。学生服姿のメンバーが駅の中で撮った集合写真は、なかなか見られない貴重な1枚と言えそうだ。

乃木坂46待望の1stアルバム『透明な色』は初日で16万枚を売り上げ、1月6日付オリコンCDアルバムデイリーランキング1位を記録した。2位はBABYMETALの『LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~』、3位は堀江由衣の『ワールドエンドの庭』となっており、初登場の強豪が並ぶ中での1位だ。

松井玲奈が発売日、1月7日に『松井玲奈(renampme) ツイッター』で「ジャケットは乃木坂駅での撮影でした。駅で撮影とかドキドキ」と、撮影時に乃木坂駅でメンバーと撮った集合写真を投稿している。CDのジャケ写に比べてメンバーも普段の表情に戻っており、高校生の集合写真のようで微笑ましい。

1月6日にはアルバム発売を記念した『10福チェーン初売り合戦“世界一早いアルバム手渡し会”』がZepp Tokyoにて開催された。メンバーが各主要店舗10チェーンのチームの応援団となり、1stアルバム『透明な色』を自ら手渡して応援。最終的に伊藤万理華、斎藤ちはる、中田花奈、西野七瀬が応援団となった新星堂チームが優勝した。

中田花奈は『乃木坂46 中田花奈 公式ブログ』で「部が終わる毎に、何枚か余ってるCDを見て不安になったり。時間の遅いチームの方が、有利なんじゃないかとか思ってたけど。優勝できて本当に嬉しいです」と喜んでおり、メンバーも一生懸命だったことが分かる。優勝チームの4人は新星堂で1日店員としてCD販売を手伝う。

また、井上小百合の『乃木坂46 井上小百合 公式ブログ』によると、「みんなと乃木神社に初詣でに行ってきました! 乃木坂の神様に、いつも有難うございますって感謝を伝えてきました」とのこと。“乃木坂”にこだわる彼女たち。地名とグループ名の相乗効果で今年はさらに飛躍しそうだ。

※画像は『twitter.com/renampme』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング