【エンタがビタミン♪】マギー「パーティーピーポー、違います!」「めちゃくちゃインドア。外食も弟と」

TechinsightJapan / 2015年9月3日 21時5分

写真

9月11日(金)に公開する映画『キングスマン』アンブレラシアターイベントが3日、東京・六本木にて行われた。Instagramに度々セクシーな姿を投稿し抜群のプロモポーションで注目を浴びるモデル・マギーが劇中に登場する人物をイメージした衣装で登場し、普段とは違う魅力と裏の顔を見せた。

「なかなかカッコイイ姿の衣装を着ることがないのでテンションがあがる」とブリティッシュスタイルにご機嫌のマギーに、「ずるいですよね~。何着ても似合いますから」と羨むお笑いコンビ・流れ星。彼らもまた英国紳士風なスーツ姿で登場するも、マギーからは「まあまあ。ちゅうえいさんがちゃんとお洋服着ているのは初めて見たかもしれない」「いつも上半身裸のイメージ」とずばり言われる場面も。



イギリス系カナダ人の父を持つマギーは「英国紳士がちょー格好良かった。イギリス英語が好き。スーツ姿がたまらない」「若手のタロン・エガートンはカッコいい。そもそも顔が凄くタイプ」「若い顔と最後スパイになった時の紳士的な顔とのギャップが格好よくて惚れちゃいました」と本作に出演する新人英国人俳優にうっとりした。

映画にちなみ“裏の顔”について質問が及ぶと「モデルをやらせてもらっていると、週末はシャンパンあけてパーティするんでしょ?と良く言われるのですが、めちゃくちゃインドアです。外出はほぼゼロに近い。ご飯も友達と行かず弟と行く」「仕事で沢山の人と会うので、プライベートは外に出るのがおっくうになりずっと家にいる」と世間のイメージとは違う一面を明かし、「みんなパーティーピーポーと言うけれど違います!」と断言した。

また「スパイになったらどんな道具が欲しい?」と問われたマギーは、「メガネをかけたら透明人間になれるメガネが欲しい」「女の子が多いところはあまり行けないので、普通に表参道を歩いてゆっくりウィンドウショッピングがしたい」と人気者ゆえの願望を語った。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング