【エンタがビタミン♪】斎藤工、修羅場慣れ!? 「脱げます」「全裸の側転もします」とイベントで暴走?

TechinsightJapan / 2014年9月13日 16時50分

写真

「不倫真っ最中です(笑)」「修羅場のシーンばかりで喉がいかれてます」と映画イベントの冒頭挨拶したのは、ドラマ『昼顔』で新たなファンを獲得した、今、注目度No.1の呼び声高い俳優・斎藤工だ。何とも不思議な魅力たっぷりの斎藤がイベントでちょっと暴走気味の発言をした。

秋晴れの青空が広がる13日、東京・浅草にて「第7回したまちコメディ映画祭in台東」レッドカーペット/オープニングセレモニー『西遊記~はじまりのはじまり~』舞台挨拶が行われ、ゲストには声優で出演する斎藤工が登壇した。斎藤はこの映画祭に“したまちコメディ大賞2014”の招待作品「バランサー」で企画・制作、さらに監督と出演をこなしている。こちらの作品は昨日出来上がり、ギリギリ間に合ったことを明かした。



父親が東北新社に務めていたことから映画と共に成長した斎藤は、とにかく大の映画好きだ。『少林サッカー』『カンフーハッスル』のチャウ・シンチー監督作品、『西遊記~はじまりのはじまり~』も作品の引力が強すぎて声優を忘れて見入ったという。「カンフーと笑いを融合させてエンターテイメントにした方」だと監督を絶賛した。チャウ・シンチー監督作品に出られるなら「全然脱げますし、僕」と意欲満々。



今回の作品では貫地谷しほりとも共演するという。貫地谷とは中学生の頃からの付き合いだと明かした斎藤は、「彼女は先輩で芝居もうまく、頭もよく頭が上がらない。彼女も少林サッカーの大ファン。2人とも特別な想いをもっているので(声優に)魂をこめたい」と熱く語った。

今回の「したまちコメディ映画祭in台東」の総合プロデューサーいとうせいこうとも映画話が盛り上がり、いとうからも「好きなことを思いついたら言って」と言われた斎藤は「全裸で側転します(笑)」とまたまた裸発言で会場を沸かせた。

「地域との距離が近く、映画を観た後一杯飲んで帰り、街を潤す」そんな素敵な町おこしの映画祭、第7回したまちコメディ映画祭in台東は2014年9月12日(金)~16日(火)まで。詳しくは公式ホームページwww.shitacome.jpで。

チャウ・シンチー監督が、「西遊記」を題材にし、三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の4人が出会う前のオリジナルストーリーを生み出し、ありえねー!映像で贈る妖怪娯楽エンターテイメント。

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』は11月21日(金)TOHOシネマズ有楽座他ロードショー。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング