【エンタがビタミン♪】岡本夏生が「世界でたった一人のお友達」という杉本彩。バブルを生き抜いた2人の固い絆。

TechinsightJapan / 2014年11月5日 20時25分

写真

かつてレースクイーンやグラビアアイドルとして一世を風靡し、現在は個性派タレントとして活躍する岡本夏生。最近ではTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』での過激すぎるコスプレにも注目が集まっているが、そんな彼女が唯一“戦友”として慕っているのがタレントの杉本彩である。岡本は自身のブログで、そんな杉本について綴っている。

岡本夏生は5日、「世界でたった一人のお友達」のタイトルでブログを更新。先週行われた、杉本彩の経営する飲食店「Koume」のプレオープンの時の様子を報告した。「どうせ、どこかで外食するなら 友の店で金を落としたい」「生涯お一人様のおいらも、老後のご飯の心配から少し解放された気分だっゅーの」と、岡本らしい表現でオープンを喜んだ。

また、ブログでは“戦友”杉本彩についても記している。「お互いバブルを生き抜き それぞれの想いの中 自分の信念を貫き ながいものに決してまかれることなく 芸能界と言う妖怪がうごめくマカ不思議な世界で 激動の30年間をそれぞれの想いのなか必死で生き抜いてきた。バカ女の 世界でたった一人のかけがえのない戦友であり 深海ザメのように深いところでつながっているご自慢のお友達です」と、2人が深い絆で結ばれている様子がうかがえた。

80年代後半から大ブレークを果たしながら、90年代の相次ぐスキャンダルにより一時期は芸能界からほとんど姿を消した岡本。一方の杉本は、順調に見える芸能活動の裏で家族間の度重なるトラブルに見舞われていた。そんな激動の人生を歩んできた2人だからこそ、共感する部分も多いのだろうか。

7月に更新したブログでも、TBS系番組『内村とザワつく夜』“大親友SP”の相手として久々の全国ネット出演の機会をくれた杉本に、岡本は感謝の言葉を綴っていた。あれから4か月経った今、「Koume」をオープンして間もない彼女に「来週も、再来週も行くわよ」というから、今後はお店の常連として杉本に恩返しをするのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング