【エンタがビタミン♪】嵐が“ハワイ”を振り返り本音トーク。大野智の涙に「正直、引いた」とメンバー。

TechinsightJapan / 2014年11月6日 14時40分

アイドルグループ・嵐が9月にハワイでライブを開催した後に、5人で慰労会を行った。それから1か月以上が過ぎて、朝の情報番組『めざましテレビ』のインタビューを受けた嵐が、現地で過ごした10日間やデビュー時を振り返った。メンバーそれぞれの本音トークも飛び出して“大野智が男泣き”した理由にも触れている。

嵐デビュー15周年記念ライブ『ARASHI BLAST in Hawaii』が9月19、20日(日本時間20、21日)に開催された。嵐の5人にとってハワイはデビュー記者会見を行った思い出の場所でもある。ライブ後の慰労会に密着取材した映像が11月6日の『祝!嵐15周年記念VS嵐 ハワイで大野が泣いちゃったSP』で放送される。それに先駆けて、『めざましテレビ』が嵐の5人にインタビューしてハワイの裏話を聞き出した。

1999年9月15日にハワイのホノルル沖でクルーズに乗ってデビュー会見した嵐は、11月3日に『A・RA・SHI』でCDデビューする。大野智はその頃の役割を聞かれて「え? 僕、何だったんだろう?」と考えて、「それぞれリーダーみたいな役割を持っていた」と記憶を手繰り寄せた。

デビュー当時の嵐が、バラエティ番組『少年隊夢』にゲスト出演した際に大野智がリーダーと決まったものの、はじめの頃は大野智が“ダンスリーダー”、二宮和也は“芝居リーダー”、櫻井翔は“勉強リーダー”、相葉雅紀は“アイドルリーダー”、そして松本潤は“お笑いリーダー”的存在だったという。櫻井翔も「一生懸命だったのよ!」と当時を振り返った。

そんな彼らが15周年を迎えて訪れたハワイでは、5人だけでバカンスも楽しんだ。『祝!嵐15周年記念VS嵐』ではメンバーが乗った左ハンドルの乗用車を相葉が運転して、助手席の二宮がハンディカメラを回すシーンも見られる。それについて相葉が「4人を車に乗せて運転するって、すげえ緊張した」と思い出すと「怖かったね~」「嵐を乗せて運転したくないもんね!」と櫻井も共感していた。

ハワイでは、5人で「辞めたい空気だった」「やる気無かったし」と本音で語り合う。VTRでその場面を見ながら松本は「今だからこそ言える、みたいなものはある」と感慨深げにつぶやくと、「他に夢がある人もいたし」と二宮。櫻井は「そういうことに関して、がっつり5人で話したっていうのも初めて」と証言している。

深刻な話題も出る中で、やがて、大野智が涙を流して男泣きする。VTRで自分の泣き顔を見ながら、大野は「何があったんでしょうかね?」ととぼけるが、「誰が知ってるの?」「大野さんしか知らないから」とメンバーから突っ込まれる。「ハワイだからじゃないですかね。初めて話すことも含め、いろんな思いで、涙が出ちゃった…」と大野は涙の理由を語った。

しかし、松本はそんな大野の涙に対して「正直な話、ちょっと引きました」と明かす。実は、大野智が涙したのはこの時だけではなく、ベランダから海を見ては泣いたりして「毎日、泣いてましたよ」「何を見ても泣けましたね」というのだ。二宮から「安い涙でしたけどね」とからかわれて大野も「安くなったよ、いっぱい泣いたから!」と苦笑していた。

櫻井翔は「プライベートでハワイに行ったからってそうはならない。嵐で5人でもう1回、再びハワイに行くっていうことに、僕らなりの思いがある」と大野の気持ちに共感する。他のメンバーも、どこが、何がとは説明しにくいが同様に感動したという。

普段では見られないハワイでの5人をとらえた『祝!嵐15周年記念VS嵐 ハワイで大野が泣いちゃったSP』(フジテレビ系)は、11月6日(木)19:00~20:54の放送となる。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング