【エンタがビタミン♪】篠原ともえ「オジサマを見ると萌え萌えしちゃう」。能年玲奈主演映画『海月姫』でオタク女子が集結。

TechinsightJapan / 2014年11月18日 21時28分

写真

講談社「Kiss」にて大人気連載中の『海月姫』が実写化、主題歌はSEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」で話題の本作。オタク女子を演じる主演の能年玲奈、篠原ともえ、美しすぎる女装が話題の菅田将暉ら豪華キャストがクラゲを取り入れた衣装で夜の新宿に現れた。

18日、東京・新宿にて映画『海月姫』舞台挨拶付きワールドプレミアが開催された。主演の能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、原作者・東村アキコ、川村泰祐監督ら総勢12名の登壇者に加え、クールジャパン戦略を推進する内閣府特命担当の山口俊一大臣も駆けつけ豪華な舞台挨拶となった。



「毛を剃り、エステに通い骨格矯正、メディキュット、ヒールも履き女装を頑張った」「ヤフーTOPを見て女装でTOPかと思い、凄い世の中だな」と苦笑した菅田将暉。オタクを演じた能年玲奈は、「肌のケアもぬかりなく素晴らしいと思った。凄かったです」「(自分は)眉毛はほったらかし、女性として見習わなくちゃ」と女性よりも女性らしく女装した菅田に感心していた。



同じくオタクを演じた篠原は、“カレセン(枯れ専)”を演じるにあたり「現場で“カレセン”の本を読破した」と明かし、「役が入ってきたのかオジサマを見るとムラムラじゃなくて萌え萌えした自分がいた」と会場を沸かせた。



映画にちなみ「海月(クラゲ)」を取り入れた衣装で登壇したキャストたち。ブルーのシースルーをまとった片瀬那奈と手作りのネックレスを身に着けた篠原ともえ、今日の舞台挨拶のためだけに作ったというクラゲドレスを着こなした能年玲奈が一際目立っていた。原作者と山口大臣も太鼓判を捺す『海月姫』実写版でオタク女子の世界をのぞいてみてはいかが。

月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる…こともなく、今やすっかり腐った女の子に。オタク女子集団の前に女装美男子と童貞エリートの兄弟が出現&聖地(ボロアパート)が強奪の危機!? 大事なものを守るため、仲間とともに小さな一歩を踏み出したオタク女子達! 世界を変える奇跡は、起きるのか!? 

映画『海月姫』は12月27日(土)全国ロードショー。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング