【イタすぎるセレブ達】英ヘンリー王子、世界エイズデーに“ある秘密”を告白。

TechinsightJapan / 2014年12月2日 15時15分

写真

(明るい王子の秘密って…?)

英国王室きっての人気者と言われ、公の行事で聴衆を前にスピーチする機会も多いヘンリー王子(30)。その王子が世界エイズデーにビデオカメラの前に座り、自身の知られざる“秘密”を明かした。

毎年12月1日は“世界エイズデー”。エイズ/HIV感染や貧困に苦しむアフリカ南部の国レソトの子供達を救うべく活動を展開するチャリティ団体「Sentebale」の設立者のひとり英ヘンリー王子は、#FeelNoShameなるキャンペーンに参加して自分の“秘密”をこう明かした。

「ハーイ、僕はヘンリー王子だよ。“Sentebale”の後援者なんだ。」
「まずはこう言いたい。皆さん、#FeelNoShameに参加してくれて、どうもありがとう。」
「さて、今日は世界エイズデー。僕の秘密は人前で話す前に信じられないくらい緊張してしまうってことさ。」

時には冗談で聴衆を沸かすヘンリー王子だが、それでも人前に立つ前には緊張感を拭いきれないという。

「そう、僕はいつも冗談を言って笑っているのに、それでもナーバスになってしまう。スーツを着て、満員の部屋に入る前にはね。」

レソトで暮らすHIVに感染した子供達が、病の告白を恥じないよう応援したい。その思いから“みんな自分の秘密を勇気をもって告白しよう”とスタートしたこのキャンペーンに、ヘンリー王子は多くの人々が参加するよう願っている。

※画像は、facebook.com/SentebaleOfficialのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング