クリープハイプ、永ちゃん、伝説のアイドル...ベスト盤をめぐる騒動 『ほぼ日刊 吉田豪』連載118

東京ブレイキングニュース / 2014年2月13日 11時47分

写真

 クリープハイプ、自分たちの意志とは関係なくレコード会社に勝手にベスト盤を出されることにネットで抗議。この場合、腹が立つ気持ちはわかるんですけど、これまで何度も同じようなトラブルが起きてるのにこの手のベスト盤が当たり前のように発売され続けてるってことは、契約上の落ち度はないってことなんですよね。嫌でも決算期にはベスト盤が大量に出るのが音楽業界というものなわけで。嫌なら矢沢永吉みたいにちゃんと自分で金を払って原盤権を手にするか、もしくはドレスコーズ志磨遼平のように毛皮のマリーズのベスト盤発売の噂を聞きつけるなりビジネス無視で選曲からアートワークから何から全面的に関わるか、どっちかしかないんだと思います。ちなみに、アイドル取材にいろいろコレクションを持参すると「そのベスト盤、知らない!」と言われることも多いんですが、新田恵利はそんな状況に憤慨して、自分が選曲したベスト盤では有名なシングル曲を外して、自分が作詞したアルバム曲とかを選んで秋元康への印税を減らす活動に出たんですけど、それは間違いなくベスト盤じゃない!

Written by 吉田豪

Photo by Myこれ!クション 新田恵利best

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング