さようなら前澤友作さん これまでの炎上騒動を振り返る 「風を読み間違う」社長と闘った有志たちとの歴史

TABLO / 2019年9月15日 6時0分

触ってみたい2000億(画像は株式会社ZOZOコーポレートサイトより)

9月12日、ファッションECサイト大手のZOZOTOWNを運営する(株)ZOZOの創業社長である前澤友作さんが、同社社長の辞任を発表、会見を行いました。

会見中の質疑応答では退任理由や今後の展開について話が及んだ一方で、同日夜に『news sero』(日本テレビ系)に生出演。「ツイッターをやらなきゃよかった?」の問いに「うん、よく思いますね」と苦笑しつつ答え、有働由美子さんが「ツイッターが原因で株価が落ちたこともあった」と言及すると、「直接的な因果関係はちょっとはわかりませんが」「感性的に経営することが少しありまして、感性って風を読み間違うと違っちゃうこともある。ちょっと具体例は挙げませんけど、当然、たくさんのミスをしたと思ってます。反省もしてます」と話たことで話題となりました。

ではこれまで前澤さんは、SNSなどでどんな“ミス”を犯してきたのでしょうか。まとめてみました。

関連記事:本サイトも提言させていただきました ZOZOの前澤社長さん、本格的にツイッターをお辞めになっては? 元社員の出戻り面接で「落とす」のはナゼ!? | TABLO

・2012年10月

ZOZOで購入した1050円のバッグについて、「送料手数料入れたら1750円とかまじ詐欺やろ?」とつぶやく。それをエゴサーチした前澤さんは、

「詐欺?? ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人がわざわざ運んでくれてんだよ。お前みたいな感謝のない奴は二度と注文しなくていいわ」

とリプライ。翌日には同ユーザーに向けたわけではなく、「私の未熟さにより多くの方に不快な思いをさせてしまいました。反省しています。申し訳ございません」と謝罪。その後、11月1日から送料すべて無料を発表。

・2018年3月

同社のコミュニケーションデザイン室長の田端信太郎さんが納税についての記事をリツイートしながら、「誰か、高額納税者党を作ってほしい。少数派を少数派が弾圧する衆愚主義じゃないか」と書き込むと、批判が殺到。ネット上は嫌悪感を示す人で溢れ、ZOZO退会宣言が続出。ツイッター上で「#ZOZOROWN退会祭り」がトレンド入りする自体に。

その後、エゴサーチで見つけた「お金ください」のつぶやきにはLINEpayで送金。その流れで多くのユーザーが“クレクレ”とつぶやくと、次々に送金。タグは「#春のZOZOTOWN入会祭り」に変化した。(※前澤さんの炎上ではありません)

・2018年7月

同年4月に熱愛が報じられた剛力彩芽さんが自身のインスタグラムに、Wカップロシア大会決勝戦を現地観戦したことを投稿。弾ける笑顔の写真とともに「凄いところにいる。夢みたい。感謝」とコメント。

すると数時間後、前澤さんも自身のインスタグラムに同地におり、同じ観戦グッズを手にした写真を投稿。この行動に芸能界からも批判の声があがり、たとえば明石家さんまは「写真をネットにあげるのもどうかなと思う」とラジオで語った。数日後に剛力さんはインスタグラムの全削除を公言、実行した。

・2018年8月

剛力さんがインスタグラムでライブ配信。頬を赤らめ登場し、「だいぶお騒がせしていてすみません」と謝罪すると、「ちょっと酔ってます」とほろ酔いアピール。すると背後に前澤氏が映り込み、ペットボトル飲料を渡す場面が映る。

参考記事:どうする、どうなる剛力彩芽!? ものすごい現金を手に入れた前澤友作さんと結婚するのか、またポエムを書くのか | TABLO

・2018年9月

剛力さんがインスタグラムに、パリコレでセリーヌのショーを鑑賞を報告。これに前澤さんは、「なにげに自分もパリコレ初参加」「今回のショー、奇跡的に招待いただけたこと、二人して本当にラッキーでした」と一番乗りでコメントし、アンチ感情を刺激。「キモい」などコメント欄が荒れると、アンチコメントに対し「基本私たちの自由なので。好きにさせてください。嫌なら見ないで」「なにをそんなにイライラしてんの? 笑」とリプライ。

・2019年2月

自身のツイッターでアンケートを実施。その内容は、
「いまお店で約1万円くらいで売られている洋服の原価がだいたい2000円〜3000円くらいだということを、皆さんはご存知ですか? ・知っていた ・知らなかった」「その売り上げの3割もZOZOがとっていることを知っていましたか? ・知っていた ・知らなかった」「どうせ少し経てばセールになるので、洋服を定価で買うのは馬鹿らしいと思う。 ・はい ・いいえ」

と、原価などに言及するもの。背景にはZOZOの会員制割引制度「ARIGATO」のPRがあり、同会員になるとアイテムが10%オフになるうえ、各支援団体か購入ショップ、または自身を“応援”できるとういうシステム。これに反対した出店ブランドが一挙にテナントを引き上げる自体にも発展した。翌日、前澤さんは「本業に集中します」とツイッター休止を宣言。

・2019年7月

吉本芸人による闇営業問題で、宮迫博之さんと田村亮さんが行った会見について、

「宮迫さんの会見ちょっと見たけど、神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった。存在や佇まい自体が面白いキャラ確立してるって凄いことだよな。まだまだ活躍する人だなって思った」

とツイート。批判のコメントが相次ぎ、「炎上するたびに身に沁みます」と反省ツイート。しかしその後インスタグラムのストーリーズに「イライラしてる人多いなー 笑って過ごしましょう 天気悪いから? 選挙の日だから?」と書き込む。

 

会社という縛りがなくなった前澤さん。その発言は、より軽やかに自由を謳歌するのでしょうか。期待したいですね。(文◎じゅる王)

あわせて読む:千葉へ物資を運ぶ紗栄子 引退して巨額の金を手にした千葉出身の元カレ・前澤友作氏と対照的な行動が絶賛 | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング