岡山小5女児監禁事件とメディアの「オタク差別」を考察する

東京ブレイキングニュース / 2014年7月25日 12時31分

写真

Photo by Jordy Meow

 先日アップした記事中に日本語が下手くそな箇所がありましたので、まず最初にそれをお詫び致します。

(http://n-knuckles.com/case/society/news001588.html)

 この記事中に「誰かひとりでもパチンコやシングルマザーの存在自体を批判・否定したのか?」といった内容がございますが、これはアナウンサー・番組MC・ワイドショーのコメンテイターなど、メディア(特にTV報道)を指している言葉です。文章が下手くそで申し訳ありません。

 という訳で、今回はここ何回かアップしている表現規制や報道姿勢への批判記事の補足的な内容になるが、テーマは『差別が可能になる魔法の隠語・表現』についてである。

 はじめに言っておくが、新聞・雑誌もTVの報道番組やワイドショーも、すべて商売としてやっているという点を頭に入れていただきたい。新聞社や昔気質の出版人らはまだ品格を守るために踏ん張っている方だとは思うが、致命的にモラルもへったくれも無くなっているのがテレビだ。

 テレビ屋は数字を取るためにとにかくインパクトを再優先する。例えば東日本大震災の時など、何度も何度も津波で街が流される映像や、「これは意図的に爆発させて安全を確保したものなので問題ありません」などといった冗談では済まない有識者のコメントと共に、福島原発が吹っ飛ぶ映像ばかりを垂れ流していたが、あれもインパクトを優先したがための結果だ。

 その割りを食ったのが「ひとの命のために本来優先して流すべき情報」である。安否確認や各地の避難所や交通機関の状況など、報じるべきネタはいくらでもあったにもかかわらず、テレビ屋が選んだのは破壊や絶望の絵だった。あれはメディアスクラムが最も醜い形で具現化した例と言えるかもしれない。

 それに比べたら、個人がTwitterなどでまとめていた情報の方がよっぽど役に立ったと東北に住む知人らに言われたことがあるが、あの大災害の時ですらそうなのだから、テレビ屋の感性はずっとこのままと諦めた方がいいだろう。

 そんな品性下劣なテレビ屋が「インパクトがあって確実に数字が取れる!」と好物にしている内のひとつが「○○○イのお披露目」だ。ただし、そうとは言ってもネット住民のような好き勝手な罵詈雑言をぶつける訳にはいかないから、尤もらしい表現方法を使うことになる。

 直近で言うと、海外でも報じられて名物男的なポジションになってしまった野々村元県議が解り易いだろう。彼には数々の不正疑惑があり、追求されて当然の存在ではあったのだが、あの記者会見が面白すぎ、それをテレビ屋が何度も何度も繰り返し流すものだから、単に「○○○イをみんなで笑っているだけ」という、そもそもの論点が何だったか解らない状態に成り下がった。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング