働く女性受難 小学校の校長が女性教師に無理やり…… 「どうなっているのか!?」 横浜市教育委員会に電凸

TABLO / 2019年12月25日 11時31分

ありえない……(写真はイメージです)

校長が女性教諭の唇を奪うという前代未聞のセクハラ事件が発覚しました。被害に遭われた女性教諭には、お見舞い申し上げます。

横浜市教育委員会は12月23日、横浜市立新吉田小学校(港北区)の藤城守校長(57)を停職12カ月の懲戒処分としたことを発表しました。市内の別の小学校の女性教諭に同意なくキスしたとのことです。藤城校長は同日付で依願退職しています。

横浜市教育委員会に電凸したところ、北部学校教育事務所の管轄とのことでした。

 

関連記事:「恥を知りなさい!」の三原じゅん子議員 『政権を握っているのは安倍総理』ツイートの真意を電凸 「三権分立って何ですか?」 | TABLO

 

意外としっかりとした対応の横浜市

「はい 北部学校教育事務所 タケヒロでございます」

感じの良い女性が出て、保留2分39秒。

「もし、もし お待たせして申し訳ございません。教育総務課長の木村と申します」

第一声から違います。直近では、神戸市や厚木市の教育委員会の失礼な対応が続いていたので、まともな対応の横浜市に驚きました。

――加害者校長と被害者女性教諭はどのようにして知り合ったのでしょうか。

「勉強会のようなものを教員たちは開いているんです。その一環です。懇親会でも飲み会でもなく勉強会です。色々なところで勉強会を開催している一環で、前から勉強会で加害者と被害者は面識があったのです。ただ、複数交えて、2人ということではなかったそうです。今回は他には誘っていなかったようです。授業の勉強をしようと誘われて、勉強会だと思って、複数いると思って被害者教員は参加したんですけども、実際行ってみたら、校長と自分と一対一だったと聞いています」

――加害者校長は、被害者女教師を狙って一人だけを誘ったのでしょうか。

「加害者校長はその時点では何かしようということではなかったようです。本当に加害者校長からみて、この女性教員に対して優秀な教員だから授業力を伸ばしたいという想いがあったようです」

――空いている教室、公共の会議室でホワイトボードを使った模擬授業等をなさったのでしょうか。

「そういう場合もあるようなんですけど 今回のケースは喫茶店です。会ったのが喫茶店。喫茶店で会って授業のお話とか勉強して、そこから出て人気のない場所でキスをした。路上というよりは建物の中というイメージですね」

 

参考記事:「俺は殺し方を知っている」 厚木市でテコンドー準優勝教師が生徒に暴力 電凸したら人権侵害されました | TABLO

 

好かれていると思った…?

――計画的に女教師を狙ったように思える流れですが。

「何度も本人にも聞いているんですけど。こうしたいから計画してやったということではなく、衝動的みたいな部分は強いですね」

――衝動って、シラフで校長が女性教諭にキスをする感覚は理解できません。本人はどのように釈明されているのでしょうか。

「えっとぉ、当該校長が言っているのは、その被害女性教諭が、自分(当該校長のこと)に好意を持っていると思ったということなんです。だから好かれていると思ったということなんですよね」

――ストーカーや性犯罪者はそのような勘違いが多いと聞きますね。最近、強制わいせつ容疑で書類送検された初鹿議員もその様なコメントをされていました。

「はははぁ。なるほどぉ」

校長が辞めたから、他人事のように笑っています。

――今回、停職12ヶ月は甘くないですか。懲戒免職にせずに、依願退職にしたのは、退職金や恩給をもらえるようにしてあげようという配慮でしょうか。

「いえいえ、そんな意図はございません。懲戒処分の標準例というのがありまして、そこをもとにしているんです。ただ、今回は過去の類似案件という部分がないんですよ。通常処分を決めるときというのは過去の類似案件とか、そのものの重さすべて勘案して決めていくものなんです。ただ今回は校長という指導しなければいけない立場の人間ですので非常に重くとらえて、この結果になったということですね」

――でも退職金や恩給は発生しますよね。

「そこは規定通り、規定に基づいてということですね。我々公務員の中でも停職12月というのは非常に重いもの。色々なご意見があると思います。退職金が出てしまうとか。その辺は過去の例を見ながらということですね」

――加害者校長には奥様もいらっしゃったのでしょうか?

 

「はい」

――被害者女性教諭もご家庭をお持ちでしょうか。

「はい。そのように聞いております」

――では、キスをすること自体が、不貞行為になりませんか。

「そうですね。そういう面も含めて、こういう処分と言う形ですね」

――被害者女性教諭のケアはどのようになさっていますか。

「もちろんです。まぁ。えっとー。校長先生ですとかも。しっかりと話を聴くとか。その辺はできていますし、我々の方も被害教員に対していつでも相談してきてもらってかまわないですし、ただその相談内容によっては、えー、そういう専門家を紹介することも体制としてはあります」

――待ちの体制で、教育委員会からはカウンセラーを紹介したりはしないのですね。

「そこの状態ではまだないと思います。そうなれば早急に我々の方から入っていかないといけないなと思っています」

――加害者校長には、過去に問題はなかったですか。

「ありません」

――新吉田小学校の口コミは、ネット上では、サクラのようなヨイショが多いようですが。

「落ち着いている学校だというのは聞いています。イジメのような問題とかそういうのも特にあるという学校ではないという風に聞いていますね」

しかし、勤務時間外に勉強会名目で他校の呼び出してセクハラなんてする人が校長だったことにショックを受ける人も多いことでしょう。被害者の女性教諭は、休日を挟んで四日後に教育委員会に相談してきたそうです。被害者女性教諭が特定されないように配慮し、通常通りの勤務をしているそうです。教員不足が報じられている最中に、教職員の職場環境のイメージを悪くする事案が発生してしまいました。(文◎九頭龍腐流腐流)

 

あわせて読む:橋下徹氏の「河川行政の闇」発言 上流で氾濫させて下流の都市部を救っている!? 国土交通省に電凸してどう思うのが聞いてみた | TABLO

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング