バラエティか報道か?沖縄基地建設を放送した『ニュース女子』問題|久田将義コラム

東京ブレイキングニュース / 2017年2月6日 19時7分

写真

『ニュース女子』という番組が炎上している。TOKYO MXが放送している番組で沖縄・高江にヘリパッド移設工事現場に、ジャーナリスト井上和彦氏が沖縄に出向き、周辺を取材するのだがテロップで、反対派を「テロリスト」呼ばわりしたこと(他もあるが割愛)などが問題となっている。すなわち偏向と言っても差し支えない内容だった。

 報道番組は公正中立を原則としているが、どこかしら「自メディアの主張」をするのが本来の姿である。言い方を変えればどの媒体も偏向している。が、この回の内容は僕ですら理由は後述するが「引いた」構成だった。

 反対派が、過激さを増しているのは事実だろう。が、機動捜査隊の警察官が「この土人が」と反対派に放った言葉は、絶対容認できない。知り合いの、丸暴(暴力団専門の警察官)に聞いても「私もデモの警備に駆り出されましたが、市民に対して『土人』などという言葉を投げるのは言語道断。警察学校で習っていたものとして恥ずかしい」と言っているほどだ。ヤクザ顔負けの迫力でガサ入れをする荒くれの丸暴の刑事でも、である。

『ニュース女子』問題を受けて、2月2日付け東京新聞で異例ともとれる「お詫び記事」が掲載された。よほど事態を重くみたのだろう。すなわち、かの番組は東京新聞論説副主幹長谷川幸洋氏がメインMCを務めており、これに対して読者にお詫びするといった内容だった。が、いまいち、「誰に対して」「何を」「誰が」謝罪しているのかが、わかりにくかった。

 僕は一回ばかり、この番組に出演したことがあるのだが、実態はいわゆるバラエティ番組であり、おじさん男性有識者が20~30代の女性タレントに向けて、「世の中の色々な事を教えてあげますよ」という文化人がタレント並みに一生懸命笑いを取るという番組で、僕はあのような「声の大きな人の意見が通る番組」は苦手なのを再確認したものである。かの番組は、在阪の放送作家に話を聞いたところ、ディレクターや放送作家たち三人くらいがノリで制作したのではないかという。僕もそんなところだと思う。それが、このような問題になるとは計算違いだったのではないか。「バラエティだからいいじゃん」と。

 ある問題が起きた時、色々な要素を混同してはいけない......という原則に従えば、「高江反対運動の報道の在り方」と「お詫び広告を載せた東京新聞と論説副主幹長谷川氏の立ち位置」について分けて、論じるべきと考える。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング