Da-Mens絶対回避!女性が身につけるべきたった3つのお釈迦様式恋愛スキル

恋学 / 2014年9月4日 4時0分

さとちゃんです。突然ですが、お釈迦様は「何もしなくていきなり目覚めた」訳ではありません。また、「なんとなく嘘を言っているな」「知ったかぶりをしているな」「良い格好したいとなんだか上っ面だけ整えているな」という人たちを次々と見破って修行を続けていきました。
今回はこのようなお釈迦様の姿勢から学んでいきましょう。
お釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指していきましょう。

恋とは戦い!?

2014090101

恋の世界は甘くはありません。というのは、男性、女性、本当に世界にはたくさんの人間がいて、その中で、「素敵だな」と思う人が重なってしまうことが多い傾向にあるからです。1人の人が世界中の人と会うことができれば、また状況は違うのかもしれませんが、「外見」「国籍」「住んでいる地域」「趣味」などいろいろな切り口で恋の相手を絞り込んでいくと、どうしても、同じ人を好きになってしまうことはあり得ます。

端的に言うと「競争」が始まります。AさんよりBさんの方が素敵だと思ってもらえるように、いろいろな戦略を立てて、恋を勝ち取る、まさに「恋とは戦いだ」というのもある側面では正しいでしょう。

「なんちゃって」男性=Da-Mensに引っかからないために

相手よりも自分の魅力が優れていることを、競う、これは何も女性だけではなく、男性視点でも同じことです。
そういうマインドになってしまうと、「その瞬間」魅力がものすごくあるように見せるための上辺のテクニックに走ってしまいがちです。

恋に戦いの側面があるのであれば、そういったテクニックをさとちゃんも否定するつもりはありません。しかし、「その場だけの、いつもの自分より大きく見せた魅力」で素敵だと思ったとしても、その後の長い恋、そしてパートナーへの道の過程でそのメッキは剥がれ落ちてしまうことが多いのではないでしょうか?
そうすると、お互いに重荷を背負ってしまう、そんな辛い恋が待っています。

そうならないために、今日は3つのスキルをお伝えします。

2014090102

お釈迦様式恋愛スキル

1つ目のスキルは、「相手が考えていることを学ぶ」です。

お釈迦様は自分と異なる立場の人たちの話しも、しっかり自分で考え、違いを明らかにし、自分としてそれを信じ貫くのかを判断していました。

恋学も1つの知恵の場かもしれませんが、「世の中の男性がどういうテクニックに踊らされているのか」を知ることは大切です。戦いの場においても、敵の術中にはまらないように、敵の戦略を知っておくことはクリティカルですよね。さっそく本屋に行って男性向けの恋愛本を数冊読んでみましょう。

2つ目のスキルは、「会計・環境・食についてとことん学ぶ」です。

お釈迦様は仏教という仏様の教えに並々ならぬ熱意を捧げていました。結果、誰よりも広く、誰よりも深く、その分野について理解していました。そうすることで、「上っ面」だけの人たちの言うことはすぐに間違いだと見抜くことができたのです。

3種の神器という言葉が日本では昔流行りました。3種の仏器とでも言える分野は恋愛の分野で言うと「会計・環境・食」です。

まず、お金を本当に持っているのかどうかは、年商や売上ではなく、かかった費用・コストを除いた利益になります。お金というものは、日々付き合っていかなくてはならないので、そこに対して学びの少ない男性は要注意です。

「あなたの1年間の利益はいくらですか?」

「俺って年商XXXなんだぜ」と表面だけ飾っている男性は、このことを理解して、しっかり質問をすれば見抜けます。

次に、環境についてもあなた自身の考えを持っておきましょう。これは、「俺って考えてるんだぜ」と新聞やネットのアプリで見たような上辺だけのインテリ男性を見抜くのに役立ちます。

最後に、について。季節の旬、名産品などを抑えておきましょう。味・雰囲気・知識がミックスすることで、食事がとても楽しくなります。「ぱっと見高級で夜景が綺麗なレストラン」に連れて行けば、女性を恋に落とせると信じている上っ面テクニック信者の男性を見抜くのに役立つでしょう。

いかがでしょう? たった3つのスキルを身につけることで、上っ面男性を見抜く恋愛力がUpします。

スキルを磨いて、本当のパートナーを見つけましょう。

2014090103

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング