男性からの連絡が途絶えるのは、3つのストレスが原因だった!

恋学 / 2014年10月22日 9時4分

付き合っていて、急に彼からメールの返信がこない、電話しても出てくれない・・・そういう現象が起きると、女性は一気に不安になりますね。

うろたえ、落ち込み、「これって自然消滅?」と悩み、ジタバタした経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

「私が嫌いになったの?」「他に好きな人出来た?」と追っかけメールを出しまくったり、「別れたいならそう言って」などと、早まって自爆してしまう例も後を絶ちません。

どうして世の男性は、急に連絡がとれなくなったりするのでしょう。

それには3つのストレスが考えられます。

SAMSUNG CSC

男脳は仕事脳〜社会的ストレス

どんなに忙しくとも恋は別腹な女性と違い、仕事が忙しい時、男性の脳は他の事を考えられません。

2人の間に摩擦がないのに急に連絡が間遠になった場合、多くは、男性側に仕事上で何か起こったと考えられます。トラブルが起きた、急に忙しくなった、上司とうまくいかない・・・などなど。

また男性脳は、「戒め」の要素も強いので、「彼女にうつつを抜かしていたせいで仕事の成果が得られなかった」と考える事も往々にしてあります。その場合、「しばらくは彼女の事を忘れて仕事に没頭しよう!」となるのです。

女性にすれば、「悩みがあるなら相談して欲しい」、せめて、「忙しいなら、しばらく連絡できないと予告して欲しい」、という言い分があるでしょうが、それが出来ないのが、社会的ストレスを負った多くの男性なのです。

好きだけど面倒〜彼女がストレス

胸に手を当てて考えてみましょう。小さないさかいはありませんでしたか? 彼氏が嫌がる事を要求したり、甘えて困らせたことはありませんでしたか?

この間まで仲良くしていたのに……と女性は思っていても、前々から彼の中で小さな不満やストレスが蓄積していることも考えられます。

束縛が激しい、何にでも干渉してくる、すぐ責める・・・。

身に覚えはありませんか?

「毎日必ず、おはようとおやすみのメールして」、などと要求しませんでしたか?

最初は可愛いく思えた彼女のおねだりが、時には負担になり、ストレスを感じ・・・そして男性は、突然恋を休みたくなるのです。

そこまでは担えない〜彼女のストレス

彼女自身が仕事や家庭に悩みを抱えている場合、優しい彼は最初は相談に乗ってくれるでしょう。けれども、それが何度も続いたり、解決の付きようのない悩みだったりすると・・・嫌気がさしてしまうのです。何と返事してよいか分からなくなり、ついには黙り始めます。

勝手なもので、男性は女性に頼られるのは好きですが、一方で、女性にしっかりした自立心を求めています。“自分の問題は自分で解決出来る”女性にこそ魅力を感じたり、羨望を抱いたりするのです。

彼になんでもかんでも相談していませんか?

男性の許容量は、女性が思っているよりずっと少ないという事を理解しましょう。

おわりに

メールや電話の数が愛情の深さに比例しているとは限りません。

でも女性は「言葉」に重きを置いてしまう生き物。それは、「言わなくても分かって欲しい」、「メールや電話は連絡ツール」という考えの男性とは、永遠に相容れない部分かもしれません。

でも、彼が抱えているストレスを多少とも理解すれば、激しい動揺や、軽はずみな自爆は避けられるのではないでしょうか。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング