経験者が明かす!彼氏と運命の人はどう違う?

恋学 / 2014年11月6日 11時0分

「運命の人に出会いたい。」と願う女性は多いはず。では、「彼氏」と「運命の人」はどのように違うのでしょう? 今回は、「運命の人と感じた瞬間」について3人の女性からお話をお聞きしました。

経験者が明かす!彼氏と運命の人はどう違う?

誕生日が同じだった

「私が今の彼を運命の人だと感じた瞬間は、誕生日が同じことを知ったときでした。誕生日が同じだと、かなり性格も似ているのか、わかり合えることも多いです。」(26歳・アパレル)

 

同じ誕生日や星座の彼と人とは、性格が似やすく同じような価値観を持つものです。すると、会話をしていくときに共通点が見つかり話も盛り上がりやすいもの。自分と全く同じ誕生日の彼と巡り合えたら、運命を感じてしまいそうですね。

育った環境が似ていた

「出会ったすぐ、私と彼氏の小さいころの家庭環境が似ていることを知りました。お互い両親の離婚を経験していて、2人で幸せな家庭が築けたらいいねって話しています。」(33歳・事務)

 

小さいころに育った環境が似ていると、まるで子供時代の思い出を共有しているような気持ちになるものです。環境だけでなく、これまでやってきたことの中で共通点が見つかれば、相手を近い存在に感じるものです。

自分にないものを持っていた

「どちらかというと、性格は正反対の2人。しかし、それでいて惹かれあうことが多いように思います。仕事も趣味も一生懸命打ち込む彼氏を見て、私も頑張ろうって励まされます。」(31歳・サービス)

相手と共通点があると好感を持ちやすいものですが、反対に「自分にないものを持っている」男性に運命を感じる女性も多いようです。一般的にも、お互いの不足部分を埋め合えるようなカップルが理想的だと言われています。

おわりに

運命の相手と感じるポイントは人それぞれ。もしかしたら、「理由」というよりも、彼と出会ったときに感じる言葉では表せないフィーリングのほうが大切なのかもしれません。あなたの心がどう感じるか、全身で受け止めてみましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング