痩せるなら冬!体がエネルギーを消費しやすいこの時期こそダイエット!

恋学 / 2014年12月27日 9時0分

もうすっかり寒くなってしまいました。
こうなると外出も億劫になるもので、毎日のお出かけにも消極的になりがちですね。
外出しないということは、体を動かす機会も減るということ。

そんな状態で美味しいものばかり食べてコタツでまどろんでいるとどうなるでしょう……そう、誰もが恐れる体重増加というリスクが忍び寄るわけです。
夏場は何をせずとも汗が出るほど気温が高いので、何となく痩せるには適している時期というように感じられますが、その点冬は汗をかくこともありません。
暖かい格好をして家でじっとしていると、確かに体重も増えることはあっても減るなんてことはないでしょう。

ところが、実際には1年を通じて最もダイエットに適している季節は、なんと冬であるという話もあるようです。
今回はその根拠について、ご紹介いたします。

痩せるなら冬! 本文

人は冬は基礎代謝が高めになる?

ダイエットに挑戦する方が一度は気に掛ける基礎代謝。
これは動物全てが生きていくためだけに日夜消費しているエネルギー消費のことなのですが、基礎代謝の目的とは細胞を維持するためのものだと言われています。
この細胞の維持のためのカロリー消費は、特に気温の低い冬こそ活発になるとされ、夏場に比べてもこの時期は、何もしなくてもカロリー消費量が高い傾向にあるのです。

その理由はせっかくの冬場の基礎代謝に基づくカロリー消費も、暖かい場所に留まる、食事量の充実、寒さのための運動不足であるとのこと。
確かに冬はあまり外に出たくもないし、暖房の効いた部屋でお鍋を突いていたくなるもの。
特に人は寒さを感じると体が震えて体温を少しでも調節しようとしますが、それだってカロリーを消費する活動です。
運動もせず、美味しいものばかり食べ、暖かい環境で寒さに震えることもない。これだけの痩せない要素が揃えば役満ですね。

冬に効率良く痩せるには?

そこで本題です。
せっかく基礎代謝がアップしている冬に痩せたいと思う場合は、これらの要素を出来るだけ削れば良いという話になるのです。

例えば室温なども、あまり高く設定しても外との寒暖の差で体が参ってしまいます。
少し肌寒いほどの温度設定にしておくことで、体内のカロリー消費を滞らせることもなく、冬の基礎代謝の高まりを邪魔することもないでしょう。

それから運動ですが、代謝がアップしている時期ですので、少しの時間でもある程度注意して、短時間の運動をするだけでも肥満防止になります。

例えば腿を上げながら歩くなどの運動は、陸上選手も積極的に取り入れるものですが、普段より意識してしっかりと足を上げて歩くだけでも、結構カロリー消費の手助けになるものです。
もちろん、肥満防止だけでなくガチで痩せにかかる場合、普段よりもジョギング効果が期待出来るのも嬉しいところですね。

また、何かと食べたり飲んだりする機会が多くなる時期ですが、やはり過度の食べ過ぎ、飲み過ぎは少々の運動ではカバー出来ないものです。
ある程度自制しつつ楽しいお酒をいただくことを心がけておきたいところです。

おわりに

冬は基礎代謝がアップし、ダイエットにも向いている季節。
せっかくの痩せやすい時期ですので、この機会にちょっと本腰を入れて理想的な体重を目指すのも良いかも知れません。

また、肥満の防止は成人病の予防にもなりますし、適度な運動はストレスの重要な発散方法でもあるため一石二鳥。
無理せず風邪を引かない程度に、楽しんで運動するというのはいかがでしょうか?

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング