売れる軽自動車の特徴ってナニ? 老若男女に人気の軽ワゴンの違い

くるまのニュース / 2020年7月5日 11時10分

軽自動車には人気のジャンルとして「スーパーハイトワゴン」と「ハイトワゴン」があります。それぞれで人気車種の特徴とはなんなのでしょうか。

■圧倒的な室内空間の広さが魅力のスーパーハイトワゴン

 最近の軽自動車で人気の高い車種にはどのような特徴があるのでしょうか。タイプごとに紹介します。

 人気の軽自動車は、大きくふたつのタイプが主流となっています。ひとつは、全高1700mmを超える後席にスライドドアを備えた「スーパーハイトワゴン」。

 もうひとつは、全高1600mm以上かつ後席にヒンジ式ドアを備えた「ハイトワゴン」です。

 軽自動車ならではのメリットとして、扱いやすいサイズや維持費の安さなどにより、ファミリー層など幅広いユーザーから人気です。

 まず、スーパーハイトワゴンに属する車種のなかでもっとも人気なのが、ホンダ「N-BOX」です。2019年度(2019年4月から2020年3月)における販売台数が24万7707台となり、新車販売台数においては3年連続、軽自動車新車販売台数においては5年連続の首位獲得を誇ります。

 初代モデルは2011年に登場しました。

 現行モデルの2代目は2017年から販売されており、ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm、カタログ燃費はJC08モード23.0km/Lから27.0km/Lです。

 同社のコンパクトカー初代「フィット」に採用された「センタータンクレイアウト」は、クルマの部品のなかで大きな部類に入る燃料タンクを、前席の床下に配置するホンダの特許技術です。

 また、安全運転支援システムである「Honda SENSING」が全グレードに標準装備されており、ミリ波レーダーと単眼カメラなどを融合した高精度な検知機能で、安心で快適な運転を支援してくれます。

 N-BOXは、2019年の自動車アセスメント予防安全性能評価において、軽自動車としては初めて最高ランクの「ASV+++」を獲得するなど高い安全性能が魅力です。

 次に紹介するのが、ダイハツのスーパーハイトワゴン「タント」。初代モデルの登場は2003年と古くスーパーハイトワゴンと呼ばれるジャンルの先駆けとして有名なクルマです。

 現行モデルの4代目は2019年から販売されており、ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1755mm、JC08モードのカタログ燃費は、23.8km/Lから27.2km/Lとなっています。

 タントの大きな特徴が、前後のドアにピラーを内蔵した大開口のミラクルオープンドアです。開口幅は1490mmと広く、前後席の間にピラーがないので、助手席と後席の両方の乗り降りに対応しています。

 加えて、事前に設定しておくと、キーを持って近づいただけで自動でドアが開く「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」や、スイッチにタッチするだけで施錠や解錠が行えるキーフリーシステム、自動ロック予約がおこなえるパワースライドドア タッチ&ゴーロック機能といった、スムーズな乗り降りをサポートしてくれる機能がパッケージングされた「ミラクルウォークスルーパッケージ」がタントの魅力となっています。

 安全装備には、さまざまな運転シーンを想定し、事故を未然に防ぐサポートをするとともに、被害を最小限にとどめる機能を備えた「スマートアシスト」を設定。

 スーパーハイトワゴンの歴史をつくってきたタントは、ユーザーの声を反映した機能性が大きな魅力であり、ファミリー層が求める利便性をもった1台といえます。

 N-BOX、タントと同じスーパーハイトワゴンとして、スズキには「スペーシア」があります。

 2013年に初代モデルが登場し、現行モデルである2代目は2017年から販売されており、N-BOXやタントと同様にエアロパーツなどを多用したカスタムモデルが存在。また、近年のアウトドア人気を意識したモデルとして、「スペーシアギア」が2018年12月に追加さされています。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1785mmで、カタログ燃費も26.4km/Lから30.0km/Lと高い数値を誇ります。

 また、ひと目見ただけで広さを感じさせる天井も両サイドも真っ直ぐなスクエア型のエクステリアと、スーツケースをモチーフにした遊びゴコロのあるインテリアという、シンプルだけど個性的なデザインが特徴です。

 このスクエア型のボディにより、室内空間は室内長2155mm×室内高1410mmという開放感とゆとりの空間を実現。加えて、大きなソファが2列あるようなサイズ感たっぷりのシートが採用されており、ゆったりとしたくつろぎ空間での運転スタイルも魅力となっています。

 安全装備としては、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキセーフティサポート」が装備されており、単眼カメラやレーザーレーダー、超音波センサーを用いて安全運転をサポートし、万が一の際の安全性を確保する機能を備えています。

■スライドドアが無いけど運転がしやすいハイトワゴンとは

 全高に余裕があることで広い室内空間とスライドドアという快適装備を備えたことで人気となったスーパーハイトワゴンですが、高さがあることで高速走行時に風の抵抗を受け運転しづらいというデメリットがあります。

 対して全長1600mm以上のハイトワゴンはスーパーハイトワゴンより風の抵抗を受けづらい流線型なデザインになっているため、高速走行時の直進安定性は良い傾向です。

 ハイトワゴンのなかで、かねてから人気が高いのがスズキ「ワゴンR」とダイハツ「ムーヴです。ワゴンRは、現在主流となっている「背が高く室内空間が広い軽自動車」のパイオニア的存在のクルマといえ、1993年の初代発売から現在まで長く販売され続けており、現行モデルの6代目は2017年から販売されています。

 ISG(モーター機能付発電機)と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載したグレードは、JC08モードのカタログ燃費で31.0km/Lという、軽ワゴン随一の燃費性能を誇ります。

 また、スーパーハイトワゴンに比べて全高1650mmと少し高さを抑えたサイズですが、室内長は軽ワゴントップクラスの2450mmを確保しており、さらに、左右独立機構を持ったリアシートは乗員の体格にあわせて別々にスライド調節が可能です。

 そのため、大人4人でもじゅうぶんに足を伸ばしてゆったりくつろげるゆとりの空間を持っています。当然、大人2人と子ども2人であれば、より余裕を持って乗ることができます。

ハイトワゴンには日産・三菱の共同開発車となる日産「デイズ」や三菱「eKワゴン/eKクロス」ハイトワゴンには日産・三菱の共同開発車となる日産「デイズ」や三菱「eKワゴン/eKクロス」

 ムーヴは、ダイハツを代表する車種のひとつとして知られ、ライバル車といわれているワゴンRの後を追い、1995年に発売されました。

 2014年に発売された現行モデルの6代目は、フロントドア、リアドアともに、乗り降りや大きな荷物の積み降ろしがスムーズにおこなえるように、2段階で約90度まで開くドアを採用されているのが特徴です。

 この2段階のドア開閉機構は、駐車場などで子どもが勢いよくドアを開け、隣のクルマに傷をつけてしまうことを避けることにも有効です。

 もちろん、燃費や安全性能も、ライバルであるワゴンRと同等の性能を誇っています。ムーヴもワゴンRも、免許をとったばかりの若年層がはじめて購入するクルマというイメージがありますが、その磨き上げられた使い勝手の良さは、ファミリーにも十分マッチします。

※ ※ ※

 ボディサイズやエンジンの大きさなど、開発上の制約が多い軽自動車ですが、各メーカーごとに工夫をこらして特色を出しています。

 5人以上乗車する場合や、多くの荷物を積載する場合はより大きな登録車を選択する必要がありますが、そうでない場合は、使い勝手や維持費の観点からも、今回紹介した軽自動車は、ファミリーにおすすめできるといえるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング