さらに進化した三菱「ランエボIX」は第3世代の集大成! シリーズ唯一の最強ワゴンも登場

くるまのニュース / 2020年9月3日 17時10分

WRC(世界ラリー選手権)への参戦目的で誕生した三菱「ランサーエボリューション」はハイパワースポーツセダンとして根強い人気を誇るモデルです。今回は、第3世代の完成系にしてさらなる進化を果たした「ランサーエボリューションIX」を紹介します。

■「MIVEC」ターボエンジンで速さに磨きをかけた「ランエボIX」

 セダンのボディにパワフルなターボエンジンを搭載し、WRC(世界ラリー選手権)で勝つためのマシンとして開発された三菱「ランサーエボリューション(ランエボ)」。

 今回は、第3世代の完成系にして新たに「MIVEC」を搭載したことで大幅に進化した「ランサーエボリューションIX」について紹介します。

 2000年に誕生した「ランサーセディア」をベースに第3世代へと移行したランエボですが、2001年の「ランエボVII」、2003年の「ランエボVIII」へと受け継がれたDNAは、2005年に登場した「ランエボIX」でさらなる進化と熟成を果たします。

 ランエボIXの全長4490mm×全幅1770mm×全高1450mm(GSR)というボディサイズはランエボVIIIと一緒ですが、不評だったフロントマスク(別名ブーレイ顔)をやめて、当時、目覚ましい活躍を見せていたスーパー耐久レースの参戦マシンに似せたフロントマスクへと変更されました。

 さらにエアダクトが新設されたフロントバンパーやディフューザー形状のリアバンパー、カーボン製中空大型リアスポイラーを採用。この結果、冷却性能や空力性能の向上も果たしています。

 動力性能的にはランエボVIIIで採用されたスーパーAYC(アクティブヨーコントロール)やACD(アクティブセンターディファレンシャル)、ポーツABSなどは引き続き採用されており、第3世代の集大成らしい完成度の高さも魅力となっています。

 ランエボIXの最大のトピックは、当時の「ミラージュ」に搭載された「MIVEC(可変バルブタイミング機構)」を、4G63型ターボエンジンに組み込んだことです。

 このおかげで中低速域のパワーを犠牲にすることなく最大トルクが41.5kgmまでアップし、さらにチタンアルミ+マグネシウムターボチャージャーの採用でレスポンスもさらに向上しています。

 もうひとつのトピックが、新グレードの追加です。装備を充実させた街乗りバージョンの「GSR」(6速MT)と競技車両ベースとなる「RS」(5速MT)は従来どおりですが、その中間グレードとして「GT」が追加されました。

 このGTは、オートエアコンやキーレスエントリーといったGSRの快適装備と、ビルシュタイン製ダンパーやブレンボ製ブレーキなどを装備しつつ、軽量ボディと5速MT、ACD、リア機械式LSDといったRS譲りのパーツを組み合わせ、走行性能に磨きをかけています。

■シリーズ唯一のワゴン車も設定された

 ランエボIXで忘れてはいけないのが、ランエボシリーズで唯一のワゴンモデルとなる「ランサーエボリューションIX ワゴン」が誕生したことです。

三菱「ランサーエボリューションIXワゴン MR」三菱「ランサーエボリューションIXワゴン MR」

 ランエボIXをベースに「ランサーワゴン」のボディサイドパネルやルーフパネルを流用。パワフルなエンジンパワーに適応できるようにリア周辺を重点的に補強してスペシャルワゴンに仕立てました。

 ちなみにこの「ランエボIXワゴン」では、トランスミッションが6速MTか5速ATを選ぶこともできました。

 ラゲッジスペースはベースとなったランサーワゴンより少ない530リッターとなっていますが、6:4分割可倒式リアシートや3分割式アンダーボックスなどを装備し、速さと実用性を両立させた意欲作です。

 さらに2006年には、ランエボVIIIで好評だったスペシャルモデル「MR(Mitsubishi Racing)」がランエボIXにも登場します。

 ベースのランエボIX自体の完成度も当然高いのですが、ランエボIX MRは、アイバッハ社製コイルスプリングを採用することで車高がフロント10mm、リア5mmほど下げられ、さらなる低重心化を図るなど細かな改良が施されました。

 またエンジンには、チタンアルミ合金製タービンホイールとアルミ合金製コンプレッサーホイールを搭載したターボチャージャーを装着し、過給レスポンスをさらに改善。まさに熟成の極みとも呼べるモデルでした。

 また、MRはランエボIXワゴンにも用意され、最強のステーションワゴン「ランエボIXワゴン MR」として限定生産されました。

 販売台数は、ランエボIXが4723台、ランエボIXワゴンが2446台、ランエボIX MRが1452台、ランエボIXワゴン MRが401台を記録しています。

※ ※ ※

 第3世代の完成形であるランエボIXですが、中古車市場では値上がり傾向で、200万円から350万円前後となっています。

 それもAYCやACDといった歴代のランエボで培われてきた先進の4WDシステムと、レスポンスとハイパワーを両立させたMIVECターボエンジンという、280馬力時代のプレミアム性を考えれば納得できるものだといえます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング