トヨタ渾身の新型「GRヤリス」発売! セリカGT-FOUR以来、20年ぶりのスポーツ4WDモデル

くるまのニュース / 2020年9月4日 13時30分

トヨタ「ヤリス」をベースとしたスポーツモデル「GRヤリス」が2020年9月4日発売されました。トヨタが20年ぶりに自社開発したスポーツ4WDであるGRヤリスとは、どんなモデルなのでしょうか。

■話題のトヨタ新型「GRヤリス」いよいよ発売!

 2020年1月に開催された東京オートサロン2020で世界初公開され、大きな話題を呼んだトヨタ新型「GRヤリス」が、2020年9月4日に発売されました。

 トヨタはGRブランドとしてさまざまなモデルをラインナップしていますが、今回発売された新型GRヤリスは、同社が20年ぶりに自社開発したスポーツ4WDです。

 コンパクトカー「ヤリス」をベースに、空力、軽量、高剛性を追求した車両パッケージとしました。

 ベースのヤリスと同様に、新型GRヤリスもTNGAプラットフォーム「GA-B」を採用していますが、ヤリスが5ドアなのに対し、GRヤリスは3ドアとなります。

 新型GRヤリスのボディサイズは全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mm。ヤリスは全幅が1695mmのため5ナンバーですが、GRヤリスの全幅は1805mmとかなりワイドになるため、3ナンバーサイズになります。

 外観もヤリスとは異なり、GRブランドに共通する意匠である大開口のアンダーグリルが装着されたスポーティなデザインです。内装にもGRヤリスの専用デザインが採用されています。

 また、ボディには、アルミ素材のエンジンフード、トランクリッドおよびドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用し、軽量化を図りながら優れた空力性能を示す強固なキャビンを実現しました。

 新型GRヤリスには、高出力モデルの「RZ」、競技ベース用の「RC」、走りを気軽に楽しめる「RS」という3つの個性あるモデルがラインナップされています。
 
 RZは、新開発の小型軽量ハイパワーな1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジン「G16EGTS」(272馬力)を搭載。

 リズミカルな変速を可能にした6速MT(iMT)と組み合わせ、圧倒的な加速と気持ち良い回転数の伸びが感じられるエンジンに仕上げました。

 より限界性能を高めた「RZ“ハイパフォーマンス”」も設定されており、過酷な走行時の熱対策として、冷却スプレー機能付空冷インタークーラーが標準装備されています。

 駆動方式は、多板クラッチによる前後駆動力可変システムを採用した新開発のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載し、前後駆動力配分の自由度を拡大して卓越した走行安定性を実現しました。

 なお、RZ“ハイパフォーマンス”は、より高いレベルのスポーツドライビングにも応えられるように、前後のディファレンシャルにトルセンLSDを標準装備しています。

 また、RZ“ハイパフォーマンス”はBBS製鍛造アルミホイールにミシュラン パイロットスポーツ 4Sを装着しました(RZはENKEI製鍛造アルミホイール・ダンロップ スポーツマックス050)。

 RCは、モータースポーツへの参戦など、そのベース車としてカスタマイズに最適なモデルです。

 RZをベースとしており、1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンやスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」、iMTなどの基本性能は継承しつつ、走りに必要な装備以外を極力排除してさらなる軽量化を図りました。

 ラリー用小径タイヤの装着を考慮した、16インチベンチレーテッドディスクブレーキを採用しています。

 RSは、気軽にGRヤリスの走りを楽しめるモデルで、TNGAの思想に基づく1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジン「M15A-FKS」(120馬力)を搭載しました。駆動方式はFF(前輪駆動)です。

 発進用ギヤを追加し低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現する「Direct Shift-CVT」と組み合わせるとともに、マニュアル感覚の操作が楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを装備しています。

 WLTCモードで18.2km/Lの低燃費を実現する一方、スポーツ走行はもちろん、日常生活においても、安全な速度域でパワーを使い切れる楽しさや、意のままに車両をコントロールすることができます。

 価格(消費税込)は、RZ“ハイパフォーマンス”が456万円、RZが396万円、RCが330万円、RSが265万円です。

※ ※ ※ 

 豊田章男社長は、東京オートサロン2020で新型GRヤリスを初公開したとき、次のようにコメントをしています。

「これまでは一般のお客さまが使うクルマを作り、レースに使えるように改造していました。しかし今度は違います。ラリーに勝つために普段乗るクルマを作りました」

 新型GRヤリスは、マスタードライバーであるモリゾウ(豊田章男氏)の「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いのもと、「モータースポーツ用の車両を市販化する」という発想から開発されたといいます。

 今回、数々のスポーツモデルを生産してきた元町工場に、GRヤリス専用ラインとして「GR FACTORY」を新設。2020年8月26日より生産を開始し、「匠」の技能を有する従業員によって造り込みがおこなわれています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング