これぞ新型エルグラの大本命!? AUTECHブランド第6弾「エルグランド AUTECH」登場

MōTA / 2020年11月3日 14時30分

日産 エルグランド AUTECH[2020年10月改良モデル]

高級ミニバン市場のパイオニア、日産エルグランドが2020年10月12日、約6年ぶりにマイナーチェンジを果たした。近年では、後から登場してきたトヨタ アルファード/ヴェルファイアにすっかりやられっぱなしの状態だったが、日産は諦めてはいなかったのだ。今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更と安全装備の向上のほか、新たにオーテックジャパンのカスタムモデル「AUTECH(オーテック)」が追加設定された。ここでは、AUTECHブランド第6弾の「エルグランド AUTECH」をチェックしていく。

日産 エルグランド AUTECH[2020年10月改良モデル]

まずはエルグランドのマイナーチェンジ内容をおさらい

今回のエルグランドのマイナーチェンジでは、フロント周りを中心にデザインを一新。グッと洗練度を増した印象だ。また先進安全技術“360°セーフティアシスト”も全車標準装備とした。価格は369万4900円(消費税込)から。

ただし、残念ながら今回のマイナーチェンジでは期待された「e-POWER」や先進運転支援技術「プロパイロット」の採用は行われなかった。日産で今売れているセレナやノートは、これらの技術で販売を大いに盛り返しただけに、上級モデルへの搭載がなかったことは残念なところ。その辺りは次のモデルチェンジまでお預けのようだ。

AUTECHブランド第6弾となるエルグランド AUTECHの登場

そんな中、良いニュースも。

今回のマイナーチェンジを期に、セレナ、ノート、エクストレイル、リーフ、ルークスに続いて、日産のカスタマイズブランドであるオーテックジャパンが手掛けるAUTECHブランド第6弾として遂にエルグランド AUTECHが登場したのだ。

これまで“プレミアムスポーティ”という独自の世界観で支持を集めていたAUTECHだが、意外にもエルグランドに設定されるのはこれが初。東京オートサロン2020にてコンセプトモデルが初公開されて以降、市販モデルの登場に期待が集まっていたが、遂に正式に発売された形だ。

ダーククロームのフロントグリルに加え、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、圧倒的な存在感とスポーティーなロー&ワイドのプロポーションを実現し、エルグランドの最上級グレードかつ、AUTECHブランドのフラッグシップとしてラインナップされる。

かつてエルグランドで1割以上の販売を占め、根強い支持を集めていたAUTECHのカスタムカーが「エルグランド ライダー」だった。今回のエルグランド AUTECHはその再来ともいえ、古くからのエルグランドファンにとっても期待の1台となるだろう。

インテリアでは、上質な本革に厚みのある「AUTECH」専用パターンのキルティングを施したブラックレザーシートを採用。専用の本革巻/木目調ステアリング、ドアトリム、シフトノブに、ブルーのステッチを施し、最上の質感を追求した室内空間となっている。

AUTECHのアイコニックカラー、実はそれぞれ名前が違った!

ボディカラーには、他のAUTECHブランド車でもお馴染みとなっているオーテックジャパンの創業地、湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブランドのアイコニックカラーであるAUTECHブルーをエルグランド AUTECH専用色として設定。フロントバンパーには、同じくブルーの色味にこだわった専用シグネチャーLEDが組み込まれている。

一般的にはブルーは人気色になりにくいと言われるが、中でもエクストレイルAUTECHで約4割、セレナAUTECHでは約3割、ノートAUTECHでは約5割と「AUTECH=ブルー」は着実に受け入れられている。これからはAUTECHブルーを纏ったエルグランドを街なかで見る機会が増えるかもしれない。

ところでこのAUTECHブルー、実は車種によって色が違ったりする。統一カラーで代表的なマツダの「ソウルレッドクリスタルメタリック」のように、車種間で共通ではないのだ。

これまで登場した5車種を振り返ると、セレナとエクストレイルでは「カスピアンブルーメタリック」、ノートとリーフでは「オーロラフレアブルーパール」、ルークスでは「アトランティックブルーパールメタリック」。そして今回のエルグランドでは「ダークブルーパール」という、名称もカラーコードも別物となっている。一見どれも同じものかと思いきや、実はオーテック謹製の手の込んだ専用色なのだ。

日産車の良し悪しを最もよく知っているオーテックジャパンならではの手が加えられたエルグランド AUTECH。消化不良気味の今回のエルグランドのマイナーチェンジに一石を投じる事はできるだろうか。

[筆者:MOTA編集部]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング